しっぽきり

 今年もよろしくお願いします。あたりのお酒が引けたのでいい正月でした。

 パソコンの環境も整ったので、まあボチボチと。

〇はじめの一歩

 ああ、こういう感じで会話する会長と一歩見るの初めてだなと感慨深かったです。
 それはそれとして、今やめれば少なくともひどく不幸にはならない潮時、を無視して人外の領域に突っ込むみたいな流れだとは思うんですが、どうなるか。
 パンチドランカーで比較されやすいあしたのジョーは、時代が違うのもありますし、なんだかんだ後半は丹下のおっちゃんの比重が軽くなっていくのに対して、一歩の場合は鴨川会長の比重がむしろ重くなっているわけで。そこでドランカーを自覚している一歩を続けさせる会長の責任は? みたいな話をどう押し切るのかな。
 
 なんかこう回線の遅さとか、それと錯覚していたかもしれないPCの不調(からのクラッシュ)でそこまで本数を見られなかったので、今年のアニメベスト10みたいなのはなしで。
 ベストは「小林さんちのメイドラゴン」で。ロリ趣味はそこまでなかったつもりなのですが、カンナはすごかった。キングゲイナーのアナ姫以来のベストぐらいの感じでした。
 ラブライブサンシャインは、テーマの選び方、掬い方が好きでした。もちろん無印で作った世界あってこそなのですが。
 シンフォギアは、まあ、うーん。5期に期待!
 ツインエンジェルBREAkはトゥニエイト絡みで高まった人間関係がついに爆発(物理)した瞬間が大好きですが、同時に人間関係が消し飛んでしまうというところで痛し痒し。
 政宗くんのリベンジは、師匠がとにかく好きで。原作続刊まだ? 出てる?

 今年一年は、趣味面はとにかくFGOをやってました。自分の雑さと貧乏性と意志の弱さを思い知りました。まあサーヴァントも各クラス出そろってきたので、来年はいろいろ抑えられるでしょう、多分……。

 東方鈴奈庵最終回もトピック。感想とかはまあふせったーでやってたし、まあSSに活かしたいみたいな気分もあってブログではほぼふれてはなかったんですが、毎月26日になるとなるべく早く配信→読んで感想みたいな流れだったので、楽しいけど体力的にはという感じでした。いや、まあ、ちょっと待てばいいじゃんという話なのですが。
 
 読書方面では、「1985年のクラッシュギャルズ」、「1989年のテレビっ子」がヒットでした。現実で演じられる虚構とそれをど受容/拒否するのかみたいなのがマイブームだったのか。

 今年一番の出来事は「ハヤテのごとく!」完結。
 前にも書いた記憶があるのですが、このブログの存在意義の結構な部分がハヤテ感想だったと思うので、まあ感慨深くも、掌返しをしたといううしろめたさもあり。オタク人生というものがあるとすれば、自分にとっての青春時代はハヤテ時代だったんだろうなと思います。ああ、でも今後の自意識のために思春期ぐらいで抑えといたほうがいいかもしれない。

今年も一年ありがとうございました。よいお年を!
なんだか終わるらしいという事で。とりあえず今年はないぐらいの話じゃないかと疑ってはいますが。
当然ながらネタバレあります。
気味? というか一つの着地点から逆算して思ったこと?
大分間が空いてしまって…。
パソコンが逝かれてしまった……。