しっぽきり

 ゲッサン創刊号。
 かさばるのがあれでしたが、ボリュームたっぷりで、個人的には五〇〇円なら大満足でした。
 付録はやらないか、もしくは後で。一つだけ言うなら、モリタイシ先生は、キョーコさんにひどいことをしたと思う。
○QあんどA

 場所がどこだろうと、ぬらりとしてすらりとしたいつものような人。
 表紙があだち先生な時点でいつもの空気が漂ってるあたり、さすがあだち先生でした。
 今回はいつ殺すのかと思ってたら、すでに死んでいた件。
 六年間出てこなかったことを考えて、地縛霊なのでしょうか。

○あずまんが大王

 しょうがないのだけれど、細かい違和感がポツポツ。
 ヨミさんの体のエロさに、改めて驚きました。

○よしとおさま

 椎名先生の乱波SSと、ハヤテのごとく! が思い浮かびました。
 会わないのはともかく、生活費をろくに出してなかった(であろう)ことは微妙に思いますが。そこら辺も事情あり?

○月の蛇

 歴史物多いなあ。中国と日本との違いもありますが。
 好漢達が本当に悪物なミスリードがよかったです。

○アオイホノオ

 持ち込み編。
 巻末コメントまで使った、誰もが思ってることを堂々と公言するというコント。
 
○バースデイ

 ページ数が足りない……? 起承転結の承で終わってしまった感じが。
 父親が大きくなりましたはいいけど、それを使って何かを起きたわけではないので、消化不良でした。

○アサギロ

 歴史物その二。主役は、新撰組沖田。
 無邪気な少年に突きつけられた現実。

○忍びの国

 歴史物その三。忍者物。
 異常な状態に、一人その異常を悟る正気。

○ここが噂のエル・パラシオ

 女子プロレス。
 打撃的な意味で何回か記憶を取り戻すチャンスはあれど戻らず。
 モザイクはどうでもいいです。

○第三世界の長井

 名前で、なんとなくルポマンガでもやるのかと思ってたら、違ったようで。
 意外に普通の絵だとおもったら最後の最後で覆り。

○イボンヌと遊ぼう

 あずまんがと思ったら、ぱにぽにだったよというお話。
 
○まねこい

 奥田さん……借金どうにかなってよかった!
 近づきそうで近づかない理由付けとして、サイコロの目を使うのがうまいなと思いました。あんまり肩透かしの目が続くとしんどそうですが。

○マコトの王者
 
 最初っからクライマックスと思いきや意識が入れ替わり。
 ボロボロの体で無敗の王者に君臨していた誠が怪我のない体を手に入れれば、それは加速度的に強くなりそうな。

○リンドバーグ

 いい空気。
 国王と言うよりは、領主に近い印象が。周りを絶壁で絶たれていて、外部が無い状態だから?

○楽神王

 異世界召還物。
 遠隔操縦型ロボットということでしょうか。
 礼音さんの人格がなかなか複雑そうで興味深いです。

○信長協奏曲

 歴史物その四。歴史上の人物と入れ替わり。
 恒興が極端すぎて……。
 

突然のコメント失礼します。

モリタイシ先生はキョーコにひどいことしましたねw
しかし個人的にはよくやったという思いです。
キョーコは貧乳でいいんです。貧乳キョーコが可愛いと信じてやまない私です。

いきなりのコメント、失礼しました。

2009.05.13 23:28 URL | FAボーイ #RzUIcrh6 [ 編集 ]

 いえいえ、とんでもない。

>モリタイシ先生

 ええ、本当にひどいことを……。
 同時に、藤木先生と読者にすばらしいことをしてくれたとも思いますw

 コメントありがとうございました。

2009.05.14 21:53 URL | 美尾 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/999-d30f2b31