しっぽきり

○なんて器用なの

「なんて器用なの……?」

 バレンタインデーにこずえさんからパンジーを貰った五代さんへ管理人さんがあげたゼラニウムの花言葉。好意的な二股をかろうじてキープしてるんだからある意味器用。
 シチュエーションは花言葉。

○こずえちゃん気をつけて

「五代君と何かあったの?」
「なんにもないんです」

 関係に進展のないことに悩んだこずえさんが三鷹さんに恋愛相談をして、二人がくっつけば自分に有利と判断した三鷹さんがそれに乗るも、振り回されるお話。
 こずえちゃん周期だったのかな?
 シチュエーションは、ライバル同士の邂逅?

○一刻館の昼と夜

「すごい! まだ高校生で通用するわっ」

 全身が映る鏡台を買った興奮から高校時代の制服を引っ張りだしてきて着替えた管理人さんの自評。
 そして、そこから発展したコスプレパーティに賢太郎少年は絶望するのでした。
 シチュエーションはコスプレパーティ。

○配達された一枚の葉書

「わしより、響子さんが持ってたほうがいいと思ってね。
 惣一郎の古い日記だよ」

 そんな惣一郎さんの日記に挟まれていたはずの一枚の葉書をめぐって響子さんが悩むお話。
 シチュエーションは日記。

○子供のいる情景

「たまにお話したいと思いましてねー」

 管理人さんのお母さん、露骨に強烈に孫を欲しがるというお話。
 五代さん三鷹さんどっちを選んでも、子沢山に帰結してしまう管理人さんの想像が愉快。
 シチュエーションはけしかける母親。

○草野球スタンドクロス

「予想以上にひでえチームだな」 
 
 急造チームなので。そんな感じで、ドタバタと草野球。最後は、もちろん五代さん対三鷹さん。
 シチュエーションは草野球。

○ちょっと休もうか

「ちょっと……休もうか……」

 新入生歓迎コンパ。酔った女学生を送る帰りに一言。結局、管理人さんにバッタリ出会い、めでたくもない形で防がれるのでした。
 シチュエーションは、コンパ。

○BACHAN IN TOKYO

「何しに来たんだ?」
「同窓会」

 五代さんの婆ちゃん、東京に現る。
 強引なお婆ちゃんの勢いに、前話のいざこざも吹っ飛ばされて五代さん安心、と思いきや、住人さんたちとお婆ちゃんの相性はバッチリで、新しい悩みの種が。
 シチュエーションは、家族。

○Don't フォロー ミー

「こいつはっきりせんじゃろ、照れてるんだ」

 強引なお婆ちゃん、こずえさんとのデートにも付いてくるというお話。
 シチュエーションは、強引な家族。うーん。
○カモナ マイハウス

「響子さんいいか、愛情が同じだと思ったら、迷わず金持ちを選べ!」

 こずえさんの次は当然三鷹さん。そんなわけで、管理人さと婆ちゃん共々、三鷹さん家に行くことになった五代さん。そこで痛感したのは、経済力の差というお話。
 シチュエーションは、彼我の戦力差を思い知る。

○梅酒婆あ

「へっへっへっ、おれはこれがないと夏が過ごせねんだ」
「わっ、梅酒ではないかっ!!」

 梅酒、風鈴、簾、西瓜、夕立、雷。
 シチュエーションは、夏の一日。

○プールサイドのキスマーク

「逃げるようにプールの中に……やっぱキスマークだよ」

 前夜、失恋で泥酔、錯乱状態の坂本さんに強く吸い込まれキスマークを作られた五代さん。いつものごとく勘違いの管理人さん。 
 シチュエーションは、キスマーク。

○夏色の風と

「ごめんねー、あたしムードなくって」

 手紙を書くために北海道旅行の五代さん。旅先で出会ったのは、喋らずにはいられない大口小夏さん。
 なんでも、ここで五代さん卒業するはずだったんだとか。たしかに、最後すんなり引いちゃうのが不思議なムード。
 シチュエーションは、旅行先、行きずりの女。

○井戸の中

「よくはいれましたね」
「はあ、なんとなく……」

 町内の納涼肝試し大会。お岩さん役の管理人さんが入る井戸を間違えて。それを助けようとした五代さんも、井戸の中にズドン。出れそうで出られない井戸の中、人はドンドンと増えて。
 最後の、大人数で井戸に閉じ込められて「もう死にたい……」と呟く管理人さんと、そのおかげで密着できて「もう死んでもいい」と喜ぶ五代さんの差がお見事。
 シチュエーションは肝試し。あるいは、暗い所に押し込まれ。

○しわのあるキューピッド

「楽しかったですわ、とても……ゲームみたいで」

 おばあちゃんに頼まれた管理人さんと嘘デート。でも、決められた行き先には住人さんたちが見張っていて。
 シチュエーションは、嘘デート。

○一刻島ナンパ始末記(番外編)

「ばってーん」

 三鷹さんのクルーザーが壊れて流れて辿り着いたのは、どうも無人島らしく。
 が、結局は嘘。四谷さんは平然と、しれっとこういうことをやるんだなあというお話。
 シチュエーションは、無人島。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/987-1bf7002f