しっぽきり

 あ、一応文庫版です。
○ギンギラギンにさりげなく

「じゃ、6時にま・めぞんで」
「はい、6時に豆蔵で」

 そんな感じで待ちぼうけ。
 一周年で同じ服を着て雰囲気は作るけど、流れには流されない管理人さんでした。
 シチュエーションは、記念日。

○キャンパス・ドール

「でもだめねー、一度所帯もつと生活臭がにじみ出ちゃって」

 意外と大事な台詞かも。五代さんにとっては、一度人妻になっているという事実で、旦那としての自分を想定しなきゃいけないわけですし。
 大学に通っててもおかしくない年齢だけど未亡人、未亡人だけど大学に通っててもおかしくない年齢。
 シチュエーションは、学園祭。

○ケガの功名争い

「ケガが治るまで、責任をもってお世話します!!」

 過剰な看病はかえって迷惑だよというお話。
 シチュエーションはケガと看病。

○影を背負いて

「きのうねだんなさまの話聞いちゃったんだ」
 
 雨に降られて、思わぬ二人きりの時間を過ごしたこずえさんと管理人さんというお話。
 そして、こずえさん越しに管理人さんの昔話を聞き、その積極さに驚く五代さん。
 シチュエーションは、和やかな呉越同舟。

○マフ等あげます

「いじらしいよなあ、彼女……あんなに喜んで……」

 管理人さんにあげる筈だったプレゼントを、マフラーを貰った手前お返しをしないわけにもいかず渡してしまった後、満更でもなさそうに一言。ここら辺の優柔不断さが……。
 最終的には、去年あげるはずだったのにあげられなかったプレゼントを渡すというお話。
 シチュエーションは、プレゼント探し。

○あなたのソバで

「ふ、ふたりっきりなんてさみしいですね」

 皆里帰りや、旅行で二人きりのチャンス。「やりてーよーっ!!」と意欲はあったものの、手をつけられず。それでも、二年参りには誘ってもらえたので、上々の始まりを迎える五代さん。
 シチュエーションは、二人きりの年末年始。

○帰らざる彼

「帰ってきた……」

 顔の怪我が度重なり帰れないし、理由も恥ずかしいのでいいたくない五代さんを、管理人さん心配の巻。
 シチュエーションは、帰ってこない相手?

○リンクに賭けろ!

「すごい上達ぶり……」
 
 分かりやすくしょうもないタイトル。
 まったくスケートを滑れなかった二人も管理人さんが景品となればあっというまに滑れるように。
 すごいね、愛情。
 シチュエーションは、スケート。

○響子と惣一郎

「響子~!!」

 猫のほうね。
 同名の猫を預かるというお話。両膝を抱えて、「多くは望みません」という四谷さんが哀愁を漂わせていて実にいいです。
 シチュエーションは、同名の動物を預かる。 

○家族の焦燥

「気に入らないなら親子の縁を切りましょうか」
「かわいげのない……誰に似たの」

 言ってる本人というお約束。
 仲が悪いというよりは、我の強い親子の図。
 しばらく、管理人でいるべきかどうか問う展開に。
 シチュエーションは相手の両親。

○引退宣言
 
「音無響子は本日をもって、一刻館の管理人職を引退します」

 お母さんの独走だけど、諸条件重なって信じてしまう住人たちおいうお話。
 シチュエーションは、勘違いのお別れ未遂。

○納得しました

「いいですか!? うちの母は異常なんですっ」
「……納得しました」

 病弱な父親のために響子を説得して欲しいというお母さんにのせられた一の瀬さんというお話。唯一の人の親ということもあるのか、情に厚いというか微妙に違う位置に立っている一の瀬さん。
 シチュエーションは見え透いた嘘。

○私は負けない!!

「生意気よっ!! この人はあんたのおにいちゃんになるかもしれないのにっ」

 七尾宅での一コマ。こんな台詞が出るぐらい、公認状態。一方、帰りに遭遇した管理人さん一家には入り込む余地はなく。 
 シチュエーションは、本命よりも周囲が好意的な対抗。

○混乱ダブルス

「あなたと生涯ペアを組みたい」

 ダブルス中の一言も、管理人さんは華麗にスルー。
 シチュエーションはライバルのプロポーズ。

○三年待って

「みんなビンボが悪いんや」

 七尾家で夕食をごちそうになりながらポツリ。
 そして、そんなビンボに打ち勝つために管理人さんに宣言したのは、「あと三年、三年は管理人やっていてほしい……」
 シチュエーションは、不甲斐ない自分。

○怒りのウイドウ

「響子だったら言い寄ってくる男二、三にはいるんじゃない?」

 いるけど、どちらも今一歩足りないという管理人さんというお話。
 シチュエーションは、男なんてっ!

○あれがいい

「響子はもう誰にもわたさん」

 父親の決意、というほどでもないのかもしれないけど。母親は、誰かとくっついてくれればいいや。
 シチュエーションは、父親と母親の見解の相違?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/982-eba4f696