しっぽきり

 椎名先生の乙女力に足腰を持っていかれた気がするので、今回は扉絵のSSで。
 SSというよりは、小ネタに近いかもしれません。とっても短いです。

「先生の頭をこうパカーンと強打して、その隙に」
「サイコキノで?」
「そうそう」
「あかん」
「さりげなくやるからさ」
「五教科全部やったら、さりげなくもなんともないやろ」
「……なら、葵が解き終わったら、私の答案とスッとテレポートで入れ替えて」
「それもあかん」
「じゃ、じゃあ、紫穂となら? 紫穂?」
「私は、かまわないけど」
「あかん」
「なら誰との答案ならいいのさ」
「誰ともあかん。超能力から離れ」
「えー。でも、紫穂はいっつも読んでるんだろ?」
「さあ?」
「証拠がないじゃない」
「証拠て」
「全教科百点とかならともかく、疑われる点数はとってないわよ。平均よりちょっと上ぐらい」
「あー、そこはきちっと調整してんねや」
「ノーコメント」
「この腹黒女」
「心外な」
「さ、アホなこと言っとらんと勉強、勉強」
「へ~い」
「おやすみ」
「アンタもやるっ!」

「あの、勉強はいいんだけど、ちょっと静かにしてもらえる」
「あ、と、すみません。ほら言うたやん。アンタら、謝り」
「「ごめんなさい」」
「野上さんの声が、」
「え」
「一番大きかったわよ」
「……すみません」
「じゃ、私達ここら辺で」
「今日、駅前のアイス屋、一〇%オフなんだって」
「マジ? 寄ってこ」
「ああ、もうアンタ等は。ウチ等のことで苦労すんの皆本さんなんやで?」
「それはそうだけど」
「赤点の一つや二つで、なにが変わるわけじゃなし」
「アホの子やしなあ」
「あれ、喧嘩売ってる?」
「まあ、まだ一年生なんだし、のんびりやりましょ」
「……まあ、それもそか」
「よーし、じゃあ決まり」




「在学中に一度でも赤点をとったら……局長、クビ&交代だってさ」












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/967-915440e0