しっぽきり

アニメ最終回まであと5日 原稿完成速報さん

 そして、不二子さん誕生日当日!
 キャラソンもCDも一杯出ましたね!
  そして、サンデー黄金期を支えたメンバーが同世代な件。その面子の中で、複数作品がアニメ化されたのって椎名先生だけなことを考えると、やっぱり椎名先生もすごいんだなと納得。

 アニメに関しては、ちょうどいい時期に小学生編終了って筋道を作れたのも、まとまった一因じゃないかと思います。
 (こっちではスケジュール上、最終回は当分先ですが)それぞれのエピソードの持つ意味を考えていけば、絶チルは「オーバー・ザ・フューチャー編」の流れは上手くシャッフルされてるなあと思いました。

 一方で、ハヤテは一年単位のアニメの構成で考えると、どうにも中途半端なタイミングでのアニメ化でしたし。別に一年シリーズのアニメ前提として漫画があるわけでもないですし、人気的にあのタイミングでアニメ化されたのは当然だっただろうし、しょうがないんでしょうが。
 ただ、ミコノスが最終話だったこと関しては、アニメシリーズの一年間のエピソードのまとめとしてあれ持ってこられてもなあ、という感じです。原作と別物になることについては別段おもうところはないのですが、無意味に原作と同じ結末というのはちょっと苦手です。

 ムシウタは、そらあbugで二クールやったほうがいいよなあ、そういうわけにもいかないけど、って感じです。今、思い返せば。

 中の人的には、三作品ともに合ってたと思います。
 アーたんは、みんみんの中の人だといいな!
 
 で、今にして考えてみると、ハルヒってリアルタイムでずっと見てた人ってどうだったんでしょう。
 時系列シャッフルって、アイディアとして聞いてると面白そうだけど、続きものだけど一週間後はまるで関係のない別の話ですっていうのは、考えてみるとなかなかつらそうだなあと。ヒナ祭りのときのナギお嬢さまの言葉もなるほどと思うわけです、後乗りで時系列に沿って見た人間としては。
 いや、それだからこそ人気が出たって側面も勿論あったんでしょうし、そういう変則的なやり方で押し通したのはすごいなあと思うのですが。

まんが道トークするぜ 浅野真澄オフィシャルブログさん

 まんが道読みたいです。
 手塚先生から来た手紙を一人でさっさと読んでしまった直後に、才野が今まで貯めていた手塚先生の絵を見てもいいかとわざわざ断り来たことにショックを受けて鬱々とする満賀や、一日で仕事を止める才野とか、二人で故郷高岡で寝正月決め込んだら仕事をする気が萎えてしまって原稿落とした挙句に干されたとかそんなシーンを読んで、SS書く意欲を煮えたぎらせたいのです(`・ω・´)

○WBC

 決勝進出よりも「一場⇔宮出」のトレードにガックリだったのに、再びWBCに意識を持ってかれたというか。本当に漫画すぎる展開にビックリでした。
 漫画といえば、ドカベンでは国際大会の存在自体がスルー(アテネ五輪はアジア予選だけサラッと描かれてましたが。というか、あれはFAを控えた山田世代を一堂に会させることが目標で、ミスターの口を借りて、「この世代がメジャーに行くとはもったいない」を言わせたかっただけでアジア予選自体はどうでもよかったわけですし)、親子鷹やったあぶさんでは息子がWBCの代表に選ばれてることを考えると、その息子がWBCのMVPフラグが立ったんじゃないかと、そんなことを考えていました。それはおかしいぞ、ボン。
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/924-18d63f42