しっぽきり

○最上の命医

 危さんの名前の由来が判明。医者以外にする貴はまったく無かったようで。
 
○神のみぞ知るセカイ

 グラフィックで見た目に飾り。そこに込められる精神性こそは大事が語れ落とし神。
 同様が「てにおは」ゎ飾り。

○MAJOR

 スポーツ観戦というのは、失望と希望とのせめぎあいなのです。
 キーンまでぶっつり行く中、ワッツが見せるのは?

○史上最強の弟子ケンイチ

 プロレスは、骨を断たせて肉を斬るだって、バキで言ってました!

○いつわりびと空

 疑いながら信用される。両方やらなきゃいけないのが医者のつらいところみたいです、スタンダード的なものと合わせて鑑みるに。

○月光条例

 イデヤのバックには誰かいたようで。小物臭が溢れでていただけに、一安心でした。

○はじめてのあく

 デートもどきに縮まったような、逆に固定したような二人の距離というお話。
 下町カイザーは原作のマンガ自体は古くからあって、それをベースにいろいろな展開がなされていったんだけど、マンガ本編でその時代は許されてたんだけど、現代では許されない表現が多々あって、原作者が描き直しを拒否しているうちに絶版になってしまったけど、テレビシリーズをベースにした商品展開は許可されている複雑な背景を背負ったシリーズなのか、もしくは、テレビシリーズは実は特撮で、そこからの派生でいろんな展開があって、コミカライズ版も存在したんだけど、そういう表現が多くてアウトになってしまったとかそういう事情で、マンガ版が絶版になってるにちがいないんです。

○アラタカンガタリ

 コトハさんの胸偏差値は高めというお話。
 
○魔王

 おかえりb
 すごい趣味の人が入ったり、詩織さんが終戦っぽいこと口にしたお話でした。

○少年サンデー創刊物語

 神話級の先生方にハァハァする一遍でした。
 ただ最終ページの現連載陣のページはもうちょっと選べばいいのに。

○お坊サンバ

 限定版の単行本では、中山先生がチワクローシーンを代筆してくれないカナ?

○最強! あおい坂高校野球部

 インタビューに、マサハルがヒーローなことを思い出すお話。
 そして、余裕たっぷりな海賊王と、限界一杯なキタローの対決になりそうな予感。

○金剛番長

 憲兵番長は、方法は問わず斬り刻むことを嗜む性癖のようで。
 そして、猛兄立つ。

○お茶にごす

 古田さんとまー君は似ているというお話。

○KING GOLF

 どれだけ高く飛ぼうと、土台を作り上げたのは。
 グッとくる郁斗君は、大人。というか、師匠ポジション。

○三ツ星のスペシャリテ

 やめるにしても、あっさりやめるんじゃなく、一週ぐらい両立しようとしたけど無理でしたのほうがいいんじゃないかと思ったり。

○アーティストアクロ

 アクロさんは、ロリじゃなく、年上と年下の関係性にこそ惹かれていることが判明した話。でも、現在のアクロさんの年齢では結局ロリコンにしかならないなというお話。
 あとは、まあ、スバルさんのフラグが多めに見積もって数時間で粉砕されたり、アクロさんが覚醒したり。
 粘土にする、形を変えるまでできている以上、他の行程がちょっと思い浮かびませんが。

○オニデレ

 サヤさんの弁当を怯えるでもなく、何色かなと悠然と言い放つ正は最早悟りの領域。
 そして、そんな正でさえなお恐怖させる自信作は……。

○トラウマイスタ

 ナイスポッコリ。
 すべて過去!!! はいいけど、トラウマを乗り越えるのは希望ってことでいいの?

○ギャンブルッ!

 神がかる沢尻さんというお話。出目まで当てるとなると、軽く潤也も越えるわけで、ギャンブラーの面目躍如といったところでしょうか。
 

>医者以外にする気はまったく無かった
 本人にしても、医者になれなかったら人生真っ暗だったかと思われますこんばんわ

>スポーツ観戦というのは、失望と希望とのせめぎあい
 まったくです。
 ロスタイムが表示されるまで、3点差は判らないと飛び跳ねながら声を出し、8回表で4点差に突き放されるまでは味方に野次は飛ばさない―― そんな観戦スタイルです。
 ちなみにバスは囲みません。

>不朽の名作下町カイザー
 原作に込められた魂すらも余すことなく再現し、さらにプラスアルファを組み込んだことで、ファンの間では伝説と呼ばれるようになったものの、雑誌の廃刊で打ち切らざるを得なくなった『毛 知安』先生の漫画版の他に、絶版になっておらず、売上げ的には成功と見なされてはいるけれど、オリジナルのタイトルをつけるほどに改変が行き過ぎて、原作派には不評を買っている“もう一つの漫画版”があるのですよ、きっと(`・ω・´)

>終戦っぽいこと口にした詩織さん
 深いことはネタバレになるのでいえませんが……信じてやってくださいっ!!

>最終ページの現連載陣のページ
 コミックスの実績がないものには用はない、と言わんばかりの容赦ない最終ページに底知れぬ恐怖を感じました。

>中山先生が描くチワクローシーン
 抽象画でありながら、トラウマを容赦なく抉る芸術作品が生まれるに違いありませんね?((((( ;゚Д゚)))

>アクロさんが覚醒したり
 もしや、それは『乳児も対象』という意味での覚醒ですかッ?!恐らくは15歳前後のアクロの年齢的にっ!!

>何色
 きっと、宇宙から見た地球を模した自信作だったのでしょう。
 そして、口にするとレーザー光線を吐き散らすのです。宇宙的な規模の威力です。

>軽く潤也も越える
 1/36ですからねぇ、単純に考えても。

2009.03.06 21:42 URL | すがたけ #YrGnQh/o [ 編集 ]

>医者以外になったら

 たしかに、なれなかったら、由来から遠く離れた怪しい名前になってしまいますものね(´・ω・`)

>下町カイザー

 そして、ビデオ店の幕で区切られた一角には「舌待カイザー」が……!

>詩織さん

 わかりました、信じます(`・ω・´)

>チワクロー

 そしてあまりの物々しさに収録巻のみが、発売直後に絶版に――!

>アクロさん

 ええ。アクロさんが成長するまでは皆本すら超える、サンデー一の男です。

>弁当

 銀河規模の大作だったのですね。惜しいことをしました。

>36分の1

 そういえば、戦法的に考えてマサルさんも競馬なら潤也に負けることはないのですね。
 そして、いよいよ壷振りさんの精神状態もあれなことになってまいりました。

2009.03.06 23:51 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/901-e88cfbc4

週刊少年サンデー14号
・史上最強の弟子ケンイチ  武術の性格的に正反対――というプレゼンをされているプロレスと中国拳法の大激突。体格も圧倒的に小さいし、おっちゃんはあれを避けても良かったと思うんだ。おかげで受けきったときの凄さが際立ったんだけど。  笑う鋼拳は肉体以上に頭脳...

2009.03.06 23:44 | 360度の方針転換