しっぽきり

冒頭の澪の可愛さと、アホっぷりは最高


(この記事は週刊少年サンデー11号のネタバレを含みます)
・バカばっか


 今日も今日とて、おバカな澪ちゃん。
 今日も、薫ちゃんに説明されてようやく、「空気なくなると人間って死ぬ」ことに気付きます。

 一つ、頭がよくなったね、澪ちゃん。
 とはいっても、薫ちゃんも頭はあまりよくないみたいです。
 バカバカ連呼しながら、殴り合い。
 バカって言う奴がバカの言葉に従うなら、薫もバカ。

 バカばっか。

・大鎌大暴れ

 そんな子供をおいといて協力を持ちかける大鎌。
 サングラスの奥の瞳が凛々しいです。
 確かに現状ではそれが最適とはいえ、敵組織であるパンドラを信用してもいいものか迷う皆本。
 更に言葉を重ね説得を続けようとする大鎌。
 その目の前に、隙だらけの皆本と唇。絶好のシチュエーション。勿論、大鎌がこれを逃すはずもなく……

    ぶちううッ!

 退く血の気、上がる悲鳴。
 そして、大鎌を蹴る皆本。言葉より先に足が出るタイプです。
 皆本に合わせるかのように、飛びかかり首を締める薫。皆本に消毒を勧める葵。「何やってんのよ!?」と気味悪そうにツっこむ澪。そして、

>「薫ちゃんどいて。始末するわ」

 アングル、表情、手にはブラスター。
 これが、我らの女帝陛下です。

 まぁ、このシーンで一つアレなのが、桃太郎編で、さぞ重要アイテムみたいに扱われてたブラスターが無意味に使われていること。
 別にデリンジャーでもよかったわけですし。まぁ、後でECM壊すのにデリンジャーでは力不足なのかもしれませんが。
 殺されたくない大鎌は、必死に解決策を伝えます。


・「問題はECM」


 そう、単純な話、ECMさえ壊せば超能力は使用可能。
 なので、女帝陛下はさっそく、ECMを狙撃します。
 どうにも、10歳児の撃つ銃には見えないところがあれなのですが(((( ;゚Д゚))))
 が、命中したのはハズレ。
 なんでも天井の半分はダミー。あげくに、「一つでも本物を壊すと金庫室全体が爆発して生き埋めになる」素敵仕様。
 単純に全部潰していくという方法は取れなくなり、部屋が真空状態になるのは時間の問題に。
 そして決意を固める薫。

>「抱いて!! 最後の思いでに!!」

 流石は魂の兄妹。横島と同じリアクション。と、思いきやそこは10歳。近頃ではすっかりオヤジ臭さも抜けてきた薫さんの「抱いて」とはお姫様抱っこのこと。携帯のカメラで撮られてご満悦。
 ただ、大鎌の「抱いて」がチルドレン達と同じことを指しているかどうなのかは、分かりませんが。
 携帯を見て何かに気づく皆本。

>「全員携帯を出してくれ!! 燃料電池をこいつにつなぐ!!」

 ECCMに接続し、再び起動させるのが狙い。
 希望を見出し、きびきびと指示を出す皆本に、薫・澪も惚れなおします。
 その後、作業中の皆本の指示通り、酸欠防止のために横になるチルドレン達。
 喋っている薫を横目で見ている紫穂。椎名先生は、こういうキャラクターの立て方上手いなぁと思います。
 兵部の助けを期待する薫と、それを否定する澪。
 澪からすれば、薫は、自分の敬愛する兵部からも、そして自分を心配してくれた皆本からも愛情を注がれている存在。
 幻覚を見はじめたマッスルのフォローが入ったところで、修理完了。
 チルドレン達に超能力が戻ってきます。
 が、当然即脱出というわけには行かず、鉄格子をふっ飛ばしたものの、念力を吸収する電磁壁で足止め。
 大鎌と澪が、侵入するときは、たっぷりと時間がありました。
 しかし、部屋から刻々と空気が抜けていく今、そんな時間はありません。


・それゆけエスパー軍団


 が、そこは天才・皆本。ぬかりはありません。
 一番単純な念波なサイコキネシスになら、違う能力者である二人のパワーを上乗せすることは技術的に可能……なのでしょうか。まぁ、皆本が可能といえば可能なのでしょう。京極堂も言ってます。世の中に不思議なことなぞないと。

>「……!!」
 「よっしゃ、薫!! ウチらのパワー受けとり!」
 「ふ…わ!? 力が…流れ込んでくる…!?
 (す…すごい……!!)
 「ザ・チルドレン トリプルブースト!!」

 「完全解禁!!」

 スパロボなら声付きイベントです。
 この一連の描写がやたらとエロいような気がするのは、気のせいでしょうか。特に「完全解禁」のコマで、薫の足に抱きつく紫穂とか。
 国宝級の三人のエスパーの能力に、さしもの電磁壁もヒビ割れ。
 さらに、そこに助っ人が。

>「あんたたちにただ助けられたんじゃつまんないのよ…!! ノーマルの連中に、力を合わせたエスパーのすごさ、見せてやんなっ!!」

 実にライバルな一言で澪も加勢。

>「サイキックうぅ――大脱出」

 信じられるか~このパワー♪
 とばかりに電磁壁どころか、道路までも破壊。
 皆本は勿論、おっさん達も無事脱出。大鎌は無事なのかどうかちょっと微妙な絵ですが、まぁ大丈夫でしょう。マッスルですし。
 そして、締めもなんともエロい恍惚な表情をした四人。女帝陛下は最後まで薫の太股を離しませんでした。ついでに言えば、光速の女神様も、負けじと胸を鷲掴み。
 エロイな(;´Д`)

 この先、ブースターを利用した、合体技が多様されるのでしょうか?
 まぁ、仰々しく登場した割にはほとんど使われなかったグレートブースター(出典・グレートマジンガー)という武器もあるので、そこらへんは何とも言えませんが。



絶対可憐チルドレン 8 (8) 絶対可憐チルドレン 8 (8)
椎名 高志 (2007/02)
小学館
この商品の詳細を見る
 16日発売ですヽ(´ー`)ノ












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/90-0c510301