しっぽきり

 新年一発目(`・ω・´)
○はじめてのあく

 ごめんなさいキョーコさんが男の子に(ry
 キョーコさんの方がキャラが濃く見えるという不思議でした。  

○最上の命医

 なんだかんだで万能な危さんと、副院長と野口院長の微妙な立ち位置ということでした。

○史上最強の弟子ケンイチ

 武田さんの稼ぎスゲー。
 このスパーは、美羽さんへの愛情なのか、ケンイチへの友情なのか。

○神のみぞ知るセカイ

 ドキュメント番組風にするなら、こだわって、いっそ落とし神たちを出さない展開にしちゃったほうがよかったかも。まあ、怖いことでもあるのですが。
 
○MAJOR

 メジャーリーガー、ググル。チームに知られないためと考えれば納得……なのカナ?
 当然といえば、当然だけど吾郎がパソコン扱っててびっくりしたり。あと、ワッツがここまで豪快にスルーされるとは思いませんでした。

○アラタカンガタリ

 自分の不甲斐なさにアラタ立つというお話。
 
○オニデレ

 会長のレーゾンテートルは会長であることであり、会長が会長でなくなったら会長でなくなってしまうという、会長の真実が明かされるというお話。

○金剛番長

 エヘッ、ゴメンネ。マタ一緒ニ遊ボウネ。
 鋼鉄の漢去る。

○月光条例

 トショイインさんはともかく、イデヤさんが思った以上に重要キャラでした。
 <執行者>以外にも、月打されたキャラクターの正常化は可能、ということでしょうか。

○お坊サンバ
 
 年が変われば、年が変われば、なにもかも元通りになるはず。
 そんな犬の希望をぶち壊すチーターさんでした。

○お茶にごす

 なんかこう……いいかな!
 部長がかわいくて仕方ないです!

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 扉絵の価値は。
 そんなわけで、決勝進出のかかったマウンドにのぞむキタローでした。

○魔王

 潤也と犬養の対峙。
 憑くということを拡大してというか、独自に解釈した結果の一言でしょうか。
 大きく見れば、犬養も運命という流れに流されていると言えるのカナ?

○三ツ星のスペシャリテ

 モンスタークリアン到来。
 二エピソード続けてくると、客筋悪い店なんじゃないかと疑ってしまったり。
 シェフからの直接の命令見てると、文さん、持て余されてきたような。

○アーティストアクロ

 子供等の素直さにアクロさんがいろんな意味で感動したり、モカさんに対するアクロさんの反応が「年上」と素直だったりするお話でした。
 勝気な眼鏡ドジッ子臭漂うモカさんがラブリーでした。

○キングゴルフ

 子供達とともに、上達を楽しむプレデターというお話。
 いい上達の仕方でした。

○ダレン・シャン

 すべて、すべて、それでも最後の一つは。
 運命を狂わされた子達が、最後に選び取った運命というお話でした。

○ギャンブルッ!!

 ほら、もっと楽しめよ。
 相変わらず、いい顔で笑う小学生のマサルさんでした。
 でも、マサルコールはもうちょっとなんとか……。

○トラウマイスタ

 あまりにも圧倒的なコンビに、希望が完全に潰える一話でした。

 感想コメントも一発目ッ!!(`・ω・´)

>キャラが濃く見えるという不思議
 あの蹴りは、世界を狙える蹴りじゃぜ。

>豪快にスルー
 もしかすると、『スルーしたボールが、そのままゴールに』という展開もあるかもしれません。

>犬の希望をぶち壊すチーターさん
 最早犬には大手掲示板か何かでチーターのネガティブキャンペーンを行うしかないように思えます。

>独自に解釈した結果の一言
 「呼吸」編の最終盤に放った犬養の一言もまた、今回潤也(+安藤)が言い放った言葉と同種のものかもしれない、と思えました。
 兎にも角にも、来週が楽しみです。

>客筋悪い店
 常連客なら接客係が要望を聞くことが必須なはずですが……本当に一流店なのでしょうか。
 ここ最近の展開で、懐疑的になってしまいます。

>勝気な眼鏡ドジッ子臭漂うモカさん
 今後、どのように足を引っ張るか、そして、どのように八つ当たりして七転八倒するかが楽しみです(*´Д`)

>いい上達の仕方
 プレデターの素直さと、笑顔が印象的でした

>最後に選び取った運命
 原作ではなかった、いい改変でした。

>マサルコールはもうちょっとなんとか……。
 きっと、観客も外ウマに乗っているんですよ。
 じゃないと、他人がギャンブルで勝ってるのを見ているだけでああも盛り上がれません。

2009.01.11 21:29 URL | すがたけ #YrGnQh/o [ 編集 ]

 コメント返しも一発目(`・ω・´)

>キョーコさん

 あの蹴りはインパクトありました。戦闘パートでも遅れをとることのなさそうな、武闘派ヒロインの匂いが!

>犬

 年が変われば、年が変われば全て元通りになるって信じてたのに!

>モカさん

 参謀役とドジっ子を同時にできる逸材であるのを信じたいところです(*´Д`)

>上達

 謙虚というか素直というか。なんというか、和みました。

>運命

 原作では救われなかった印象(というか闇一辺倒だった印象)のあるスティーブだけに、あのアイコンタクトは嬉しかったですね。

>マサルコール

 なんというかコピー的な意味でちょっと残念でした(´・ω・`)

2009.01.11 23:03 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/825-2f5f305a

週刊少年サンデー6号:新連載はじめてのあく
・はじめてのあく  藤木俊先生が長い弾道飛行のすえ、ついにサンデーへ帰還。前作こわしや我聞よりも作風に向いたラブコメ分と萌え分が増量されているが、メインヒロインの狙いが格段に「狭く」なっているので相殺か。  狭いからこそ無乳チビメガネの京子も好きになる...

2009.01.11 00:52 | 360度の方針転換