しっぽきり

 リアル系の参戦作品ごとの感想ということで。ザブングルがリアルなのかとか、エウレカはどうなんだとか、ありますが、まあそこら辺は適当な感じで(´・ω・`)
 ネタバレ含みます。
○Zガンダム・逆襲のシャア

 駄目だなあビビ……。いったい何をやっているんだ……お前フォウを助けるんだろう。
 そんなわけでフォウを助けられませんでした(´・ω・`)
 細かい前情報を仕入れず、(情報はBADエンドがあるらしいぐらいとか、SRポイントは別に取らなくてもとか。ただ、取る必要はないけどある程度は取ったほうがいいらしいと気付くのは後の話)ゲームを進めていったので、細々と長めのフラグ立てが必要なことに気付かなかったというか、スパロボ擦れしてて「フォウ? どうせ最後に一回ぐらい説得すれば仲間になるんだろう?」感が薄まってたというか、とにかく油断してました(´・ω・`)
 比べて、エマさんは今回も無事生き残り。カミーユが壊れるならともかく(壊れるスパロボでも死にませんが)壊れない今回で死ぬ理由もないのかな。
 その壊れないカミーユは、SEEDのキャラクターかと勘違いしそうなぐらいに、シンに兄貴風を吹かせていました。二人の性格的に、そしてフォウとステラの存在的に、当然といえば当然といったところでしょうか。
 クワトロ・アムロは戦う、戦う言われすぎ。
 ユニット的にはmkⅡの改造がZに受け継がれるのをこれまた見逃してたり。νガンダム・Zガンダムに気力によって特殊能力が発動したり。百式は、MAP兵器復活してもよかったような。
  
 
○ガンダムSEED DESTINY

 駄目だなあビビ……(ry
 そんなわけで、ステラも助けられませんでした(´・ω・`)
 参入前も参入後も、アークエンジェル組がつらかったです。「昨日の敵が今日の味方ってパターンがウチの部隊じゃよくあることだな」的なノリが多かったので。
 ミーアは、(原作の)噂で聞いていた以上にいい扱いになってて驚きました。ミイヤと合わせて、歌的な意味でいいイベントが多かったように感じました。音声的には残念なことになったようなならなかったような? 「きけぇ! きくがいい!」が声付きイベントだったら泣いてたかもしれませんが。コンピュータドール8号も含めて、今回一番好きなマップです。
 ENまで回復する換装が可能なインパルスガンダムが重宝でした。ただ、ミネルバが(ry
 ミーティアが合体攻撃扱いになってて驚きました。

○∀ガンダム

 前回登場のα外伝と比べると、大人しめというか、シナリオの中心軸からはちょっと離れた感じ、と思いきや黒歴史で一気に持っていった感もありました。
 夜中の夜明けは欲しかったかも。それやるとICBM投げを使うのが、相当後ろめたいことになりそうですが。
 まあ、∀好きの人はα外伝やったほうが満足感は大きいと思います。
 作品設定上、荒廃した世界(というか科学文明が大幅に後退した世界)でしか出られないためスパロボ向きではないのかもと思いつつ、黒歴史のギミックは変則的ながら、他作品を大きく包括できるだけに便利かもとも思ったり。
 途中まで∀がアムロ専用機だったのは内緒。
 月光蝶の威力――は、原作描写を基準とすればあんなものかなと、納得しました。設定上のスペック再現しようとすると、イデオンレベルのえらいことになりますし。

○ガンダムX

 フロスト兄弟と、DOMEと。
 DOME=黒歴史の記録者の流れは今回も健在。というより、月にある以上、離す理由もないというか。
 戦力的には、ほぼワンマップで一回しか撃てないサテライトキャノンを当てにするつもりはなかったので、運用はそれなりでした。ティファ落としてなかったら、また違ったかも。
 サテライトキャノンの攻撃力が、いじくれば一万までいったり。

○戦闘メカザブングル

 原作終了後だけど、キャラ性的に埋没はせず。
 ウォーカーギャリアはともかく、ザブングルら他ユニットまで改造の手が回らず、X同様微妙な運用でした。
 アイアンギアーは育成でH&A付け忘れたのが、致命傷でした。移動力の関係で戦闘に参加しない参加しない。
 それにしても、ICBM投げのギャリアのアクションは(*´Д`)

○エウレカセブン

 ほぼ大トリをもってったり、数少ないDVEを「ァアィイキャァァアンフラァァアイ」で二回も持ってたりと大活躍。ただ、序盤でルート別れしたので、終盤に入るまではそんなに乗り切れなかったわけですが。予備知識が、皆無だったので、誰が誰だか分からなかったのも一因ですが。
 エウレカのグラフィックがコロコロ変ったり、レントンとタルホさんも変ったり、顔変りの激しい人たちでした。
 機体としては、何は無くともセブンスウェルで、範囲広い、攻撃力高い、エウレカが覚醒覚えるで、IM中は後半以降レントンの顔で固定でした。
 
○オーガス

 今回のシナリオの根幹みたいな人たちでした。
 ただ、敵軍勢という意味でいえば地味といえば地味。主に敵側の問題で。あれだけ濃い敵軍の中で、普通の軍隊では、ちょっと浮き上がる隙はありませんでした。
 運用的には、桂さんの小隊超能力で基本攻撃力が二割増しで、武器にPALLがあったり、単体用の合体攻撃があったりと至れり尽くせりな機体でした。オルソンも合体攻撃要員以上の能力でしたし。グローマが戦艦にしてはもろいのには、少し冷や冷やしましたが。
 

○オリジナル系

 続きは続篇かOGで!
 そんな感じでした。
 なんか凄そうなのが仕込まれてる武器を持った機体なんだけど、それがストーリー上にどれだけ寄与したかというと、主人公がストーカーに付回される理由付けぐらいにしかなってなく。そのストーカーもラスボスというわけでもなく。
 ストーカーなアサキムはともかくとして、今回の黒幕的な勢力だったカイメラは変態揃いでした。アレな外見的に一番あれな服装をしてた方が、一番真人間な感じで。
 ラスボスは、良くも悪くも子供じみてるというか、そんな理屈振り回されると、どうしようもないなあという感じのラスボスでした。
 運用面。当てるし、交わすし、攻撃力もそれなりに高く、重宝しました。ただ、終盤は突出して強いというわけでもなく。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/765-bd23f465