しっぽきり

 見て回ってるサイトでは、ランドルートやってる人が多かったので、なんとなくセツコルートを選択しました。
 主にスーパー系の参戦作品ごとの印象ということで、ネタバレを含みます。
○マジンガーZ・グレートマジンガー 
 
 原作消化済みだった人々。
 じゃあ目立たなかったと言えば、そういうわけでもなく、甲児はいつもどおりに話を回し、鉄也さんは教官的なポジションニングを確立し、シリウスを諭したりアポロらをしごいたり、さやかさんは鉄甲鬼絡みでのクロスオーバーもあったりと、一定の存在感を見せていました。
 機体性能的には、例によって例のごとくマジンパワーで大活躍。合体攻撃目当てで、マジンガー・グレートは同じ小隊で運営してました。

○グレンダイザー

 敵陣営はいたんだけど、スカルムーン連合の中でも下のほうの扱いだった感は否めなかったです。ガットラー・テラルほど母国への使命感はなく、ブッチャー・ガガーン・ヒューギほどの残忍性もなく。
 グレンダイザー自体の本格参戦も遅かったので、際立った印象はありませんでした。

○ゲッターロボG 

 百鬼帝国が意外に超科学を見せてくれたのは意外でした。
 ユニット的にはいつもどおり。ボスキラーなドラゴンと、移動時のライガーと。ポセイドンは――海MAPがあれば……。竜馬が久しぶりに、最後に使わない精神コマンドを覚えてくれました。

○宇宙大帝ゴッドシグマ

 じっくりと科学に堕ちていく様を見せられただけあって、風見博士は印象深いキャラクターでした。あと、テラルも。
 シナリオ的には、敵軍が未来から来たという共通項からか、バルディオスとよく絡んでました、敵軍が。
 基本的に、スーパーロボットはENと武器を優先していじくっちゃうのでトリニティチャージはあんまり使わなかったです。あるんだから改造しなくともよかったのか。
 三人乗りなのに、地味に加速がないのがちょっと辛かったです。

○宇宙戦士バルディオス

 TV版が津波、劇場版が核汚染で明日を救えなかったバルディオスも、スパロボとなると補正が入るもので、無事明日を救済(津波に関しては、特別にゲームオーバー画面があるのですが)
 てっきり、津波MAPが最終盤に来て、そこからノーマルENDとBADエンドに分岐、BADエンドルートに入ると何もかも救えず、鬱々とした終わりを迎えるのかと思っていたら、割と早めに決着がきたので、ちょっと拍子抜けでした。
 機体性能的には、雑魚用の長距離ALLのサンダーフラッシュあり、ボス用にバルディロイザーありと申し分なしの万能機体でした。

○ビッグオー

 出たり入ったり、ネゴシエーションをしてみたり、エライ面子の会議を仕切ったり。
 シナリオ的に重要なところにいたり。ただ、太極自体がよくわからなかったりので、微妙にどういう位置づけにいたのか掴みきれませんでした。
 格闘か射撃か、ENか弾数かと色々と難しいユニットでした。

○ダイターン3
 
 どう見ても、勝平の導き役です。ありがとうございました。
 とはいえ、敵勢力が出てこないのは毎度のことですし、そしてその毎度のことのように相変わらずのリーダー的な存在感でした。
 そして、いつものごとく魂持ちで、いつものようにボスキラーで大活躍でした。
 ただ、ボスと戦闘するたびに「もう、新しく録音されることはないんだな」と淋しい気持ちにも……。
 
○ザンボット3

 自分がプレイした中では、なんだかんだで、コンピュータードール8号と戦うのは初体験。そんなわけで、戦闘前の会話は、素敵すぎて困りました。色々手落ちがあって、アキは……背中に星グラフィックがあるとは思いませなんだ(´・ω・`)
 ユニット的には、ダイターンとの合体攻撃要員が妥当かなあと。ムーンアタックが割りと射程があるので、援護役には便利。セツコルートに関しては、キングビアルを早めに強化しておいた方が効率的。ルート次第では、ほぼ毎MAP強制出撃になるので。

○アクエリオン

 神出鬼没な不動GENとMAP上でのイベントが多かったのが印象的でした。あと、合体時の顔グラフィック。何気にトリを持ってたのは驚きでした。
 性能としては、無条件でH&Aと再攻撃をつけて遠くにいるちょっと固い敵をブン殴りたくなるような無限拳の射程の長さが際立ってました。あれより射程の長い攻撃って、歴代でもイデオン・サテライトキャノン・ボス級の一部ぐらいでしょうか。
 
○グラヴィオン

 サンドマンの自作自演と、懲りすぎるカットインと。
 序盤は、増援気にして合神のタイミングを逸したり、あんまり固くないから落とされたりと、ちょっと微妙な運用をしてましたが、常時合神状態になる中盤以降は、安定した運用ができました。
 
○キングゲイナー

 イベントの大半は男主人公ルートに……あったのカナ? アナ姫がもうちょっと目立つかと思ってたら、そうでもなく。エキデンイベントは楽しかったからいいですけど。あとミイヤとディアナ様が絡んだり、そのときの約束を果たすために、DC兵に(おそらくは)あの曲を歌ったりと。
 機体的には、サイズ差もあって回避率高く、主役機キングゲイナーはALL・単体ともに強力。あとEN消費で仕えるトライチャージは重宝しました、それ故にガス欠に悩みました。
 オーバーマン多すぎで、MAP演出のオーバースキル発動が頻発するのが難といえば難でした(気力上がるタイミングは大体同じですし)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/764-cdcb3004