しっぽきり

○月光条例

 作品の紹介的な一話完結話。
 次回はピノキオ。嘘吐きなだけに、いろいろあれなことになりそうです。

○MY SWEET SUNDAY

 ここぞとばかりに髪を描く藤田先生が可愛らしい。藤田先生がモデルになったGS美神の唐巣神父を考えるに、割と早期に(ry

○MAJOR

 吾郎への挑戦権を賭けた親子の戦い、ということになるんでしょうか。

○最上の名医

 スタンダードはスタンダードに成り得る手法も考え付いていましたというお話。

○お坊サンバ

 チワ丸武勇伝。
 
○三ツ星のスペシャリテ

 金光さんの上位互換な新キャラ登場。
 正直、書き分けがどうとかじゃなく、狙ってやってるとしか思えないのですが。

○アラタカンガタリ
 
 ヒノハラ叫ぶ。
 とはいえ当事者同士で、あの世界での信用を考えると手の打ち様がないように思えますが、さてどうなるか。

○最強! あおい坂高校野球部

 いつになく積極的に指示を出しているように見える監督だけど、ベンチ的には消極的という評価。
 描写されてないところで采配振るってたんでしょうか。

○アーティストアクロ

 知らなかったことに悩むデコと、少ないながら知っているところに思いきるアクロ。
 なるほど、ニュートンだからリンゴか。

○金剛番長

 Q・どうして生きかえったの? 
 A・番長だから
 そんなわけで剛力番長・数珠番長・卑怯番長・居合番長、そして執事に促されて金剛番長復活。
 とりあえず、これからの執事は学ランだな、と思いました。

○トラウマイスタ

 駆けつける主人公というお話。
 リミッターをかけずに、気持ち悪さを描いているなという印象が。
 
○オニデレ

 和やかな閉鎖空間というお話。
 二人だけということで、会長とか会長とか会長が濃い最近と比べて、連載当初の雰囲気を思い起こさせる話でした。

○お茶にごす。

 走るは元より、畳みの上ですら負けてしまった柔道部というお話。
 
○キングゴルフ

 抜かれないのに前に立って云々ということは、振り向かないと成立しないわけで、霞見もそのぐらいには、プレデターを意識しているようです。

○魔王

 潤也とマスター対峙。
 犬養は、さすがに気付いていないということは考えにくいので、マスターが自分のために動くということも、受け入れているのでしょうか。

○ギャンブルッ!

 メールはこのための伏線でしたか。

○ハイド&クローサー

 友情パワーで三騎当千、そして見た目=強さではないというお話。あとハイド復活。

○ゴールデンエージ

 一〇年後、黄金期。数々のタイトルを獲得。
 一五年後、以前ほどではないにせよ上位をキープ。
 二〇年後、上位をキープし続けたために世代交代に失敗。これ以降長い低迷に。
 なぜか意気揚々なスカウトさんを見ていたら、そんなビジョンが浮かんでしまいました。
 そして、光は唯の兄という事実が判明。苗字が違うこと、魔夜さんの存在を考えると、父方に引き取られたのが唯で母方に残ったのが光?

>上位互換な新キャラ
 さらに上位の眼鏡キャラも存在するんですねっ(`・ω・´)
 さらにゴージャスな眼鏡を期待します。

>描写されてないところで采配
 いつもは『ホームラン』のサインを出しているのでしょう。
 少なくとも、『アウトカウントが0か1でサードにランナーがいたらとりあえずスクイズ』という、最早定型文と化してしまったサインを出す、かつてのロッテや横浜の監督よりは積極的な気がします。
 でも、バレバレの采配といえば……K藤氏よりはむしろ広島です。
 なにしろ、広島はファンが応援しながらサインを出します(半分デマ)。

>伏線
 さすがに判りませんでした。
 というか、メール打っていたことすら覚えていませんでした。

>そんなビジョン
 とりあえず『二年後近辺でめぼしいのがガナーズ辺りに青田刈りされ、掻っ攫われる』もしくは『期待の割りに意外に伸び悩み、八年後辺りでJ2にレンタル移籍』も追加しときますね(`・ω・´)
 まぁ、いくら青田刈りの代名詞として名高いアーセナルとはいえ、Jrユース世代にしてはあまりに完成されすぎていて伸びしろが期待出来るかどうか判らない選手を、本当に引き抜くかどうかは判りませんが。

2008.11.07 01:52 URL | すがたけ #- [ 編集 ]

>上位互換

 フランスに留学したら、おフランスな眼鏡も登場するにちがいありません(`・ω・´)

>サイン

 (((( ;゚Д゚)))なんという積極的な采配……!
 昨日の巨人が日本シリーズで四〇年ぶりにスクイズを成功させた話をちょっと思い出しました。バントはまだしも、スクイズはまあギャンブルの要素も多分に含みますからねー。
 スクワットしながら、巧妙にしゃもじをつかってサインを出してるんですね(((( ;゚Д゚)))

>メール

 準決勝編スタートに、川原でメール打ちがどうこうのやってました。

>ビジョン

 そして、アーセナルに行ってから更に取られたり、レンタルの末完全移籍するんだけど「まあ、戻ってもポジションないしな。本人が望んでるんならしょうがない」的な円満だけどある意味悲惨な移籍をしたりするんですね(`・ω・´)
 まあ、若手が期待通りに伸びるわけじゃないですしね。
 タイとか東南アジアあたりと当たると一人はいる「二〇代前半だけどリーグで活躍してて、代表でも早くも中心になりつつある期待の若手」とか「この世代は本国ではドリームチームと呼ばれてて云々」が、伸びたって話はあまり聞きませんしね。

 コメントありがとうございました。

2008.11.08 00:06 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/742-59454f72

週刊少年サンデー49号
・史上最強の弟子ケンイチ  ケンイチが張り付いていたことが余計にアパチャイの負担になっていたと思う。事実上の「肉鎧」を着させた状態でなんとか粘った裏ムエタイ界の死神には感服するよ。それとも弟子の骨格は完璧に把握しているから、ヒットしても本人にはダメージ...

2008.11.08 00:23 | 360度の方針転換