しっぽきり

一本目 変装するとグッと加齢する澪さん。
二本目 ぱてぃ、おぼえた。うけせめのがいねん。


 学校にパトカーという緊急事態の友人への説明を、変質者が更衣室に忍び込んできたというトラウマ級の嘘を、優秀なガードマンがいるからという心配りを見せつつ成立させたチルドレン。そして、そんな三人に萌えええええええええええええええええええええええええええええええええええええっ!! なティムさん、バレットさん。
 そんな二人に事実上の合格宣言をする皆本さん。
 自分達もBABELに入れた、人の役に立てたことに、大喜びの二人。そんな二人は、皆本さんをお義兄さんと呼びたがりましたが、今のところ三人と血縁関係を結ぶ気はまだ無い皆本さんはそれを拒否。BABELには、それを強烈に賛成しそうなパティさんもいないとあって、とりあえず皆本お義兄さんは、没になるのでした。


 
 翌日。ベッドの上で朝食とお嬢様気分の不二子さん。「いつもはキスだけど、今日は不二子肉が食べたい」といリクエスト通り、若い男二人を侍らせてウィンナーをポキポキいわせてました。
 皆本さん、賢木先生からの報告に寄れば、犯人は最近超能力に目覚めた前科持ちではあるものの、黒い幽霊とつながっていたという証拠はなく、ティム・バレットの証言も、あれだけのスクランブルでしたから、正確だという確証はありません。ですが、理科室にいたこと、都合よく記憶が途絶えたことは事実。
 確実ではないものの、怪しむべき事実はある。
 静かに迫る、ひょっとしたらすぐ側に潜んでいるのかもしれない黒い幽霊。不二子さんは、非イケメンの局長に、注意を促すのでした。
 
 


 それからしばらく。中学校に通うことも、すっかり日常となった三人。GW明けの気だるい気分も、友達が待っていると思えば、障害にはなりません。
 そんなわけで、こちらもすっかり気配を隠すことに慣れたバレットさんを引き連れて登校。
 日直のちさとさんに挨拶代わりの朝のセクハラ。胸をもみ、誕生日が近いことへの軽い前祝いとして耳を秘カプリ。葵さんならKOもののセクハラでしたが、順調に育っているちさとさんには致命傷にはなりません。無傷でもありませんでしたが。
 今度はネクタイに手をかけかけた薫さんを、黒板にめり込ませた後、ちさとさんは誕生日を覚えていてくれたことにお礼を言いました。ですが、今年も誕生日パーティをやろうと言う三人に、去年までのことは覚えていないの、と逆に尋ねました。
 皆でお祝いしましょう。じゃあお母さんに。家でやろう。大人がおらへんほうが楽しい。皆本さんと私達の愛の巣は皆本さんが出かければ子供たちだけ。他の子も呼ぼう。当日。他人の家の合鍵。他人の家の冷えた料理。他人の家の電子レンジ。ひきつったハッピーバースデー。他人の家で、他人不在で開かれる誕生日パーティ。
 二年続けての辛い誕生会を思いだし暗くなるちさとさん。
 それでも、過去二年は運悪く急用ができたけど、さすがに三年連続はないから大丈夫と、誘う三人にちさとさんもようやく笑います。
 三度目の正直とか、最悪影チルとか、こなた顔でお祈りとかで成功を祈る三人。
 そこにゆうゆうと現れた悠理さん。彼女も誘う薫さん。
 悠理さんは一瞬息を飲むと、ふるふると震えだしました。
 答えない悠理さんに、「忙しいなら」と切り出してみるちさとさんでしたが、悠理さんは誕生会に行くのを、嫌がっていたのではなく、喜んでいました。その証拠に、「ヒマ!! すごく!!」と叫んだあと、誘ってくれた薫さんの胸にダイブ。薫さんに、意図せずにセクハラされる醍醐味を教え込むのでした。
 ダイブするまで悠理さんが喜んだのにはわけがありました。

「私、お友達のお誕生会なんて初めてなの……!!」

 そう、悠理さんは体が弱くて学校をよく休んでいたりとか、諸々の諸事情があって、誕生会に出たことはなかったのです。
 大喜びの悠理さんに、四人も安堵。他の友達にも声をかけて盛大にやろうと、準備に励むのでした。



 かくかくしがじかと経緯を話す、検査中の薫さん。
 紫穂さんに、「寸止めてんのよ」されているチルドレン担当の皆本さんの答えはOK。検査も訓練も入れないと約束してくれました。
 一方、紫穂さんに「止めたらデリンジャーだからな、中学生用の」と後手に拳銃を突き付けられたチルドレン担当医の賢木先生の答えもOK。むしろ友達と楽しく過ごせば超能力の調子もよくなると推奨してくれました。
 そんなわけで、無邪気に大喜びの三人。
 しかし、そんな三人の喜びを急襲する荒鷲が一羽。
 そうそう起こらないはずの、非常待機命令が発動されたのです。確率八〇%、変動レベル七。チルドレンにとって、避けられない事件の発生は今度の日曜日。
 ちさとさんの誕生会に直撃でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/712-6198e6fa