しっぽきり

○炭火の魔力

 「ガスで焼いた鰻なんて、鰻じゃねえんだ!!」
 だからといって往来で鰻裂き包丁を振り回しちゃいけません。が、鰻にも目が無い中松警部のおかげでブタ箱回避なお話。

○和菓子の創意

 「海原雄山が頭の上がらないただ一人の人間さ」
 レギュラーキャラ、唐山陶人先生初登場。
 稚気というものがあまりない大物然とした描写がされていました。

○土鍋の力

 「純金の鍋なんぞを作っているただの成金から、成長した証拠です」
 純金の鍋を作ってはみたものの、もう一味あるんじゃないかと迷い始めた社長さんへの一言。誉めてるそうです。
 

○料理のルール

 「こら、うまい、うまいですな」
 何を食べてもうまいという富井さんとは、よそに海原先生がフランス料理の文脈を外れるという痛恨のボーンヘッドをやらかす話。後、絶賛。

○醤油の神秘

 「醤油の製造元の取材に行くんだが、花村さん、つき合わないか?」
 山岡さんが、珍しく自主的に人助けするお話。三谷さん初登場。

○接待の妙

 「只のケチとは違うと思っていたよ…本当の金の使い方を知っている男なんだ」
 ケチ平こと成沢社長と辰さんのデパートめぐり。
 徹底したケチ振りを気に入った山岡さんが、ケチ平社長をもてなしたいと言う山岡さんに対して、一こま溜めたときの大原社主の表情が素敵。

○美声の源

 「マリア・セレーネにとってのソウル・フードが必要なんだ」
 オペラ歌手マリア・セレーネの出身地は何の因果かミコノス島でした。
 

○肉の旨味

 「今度はこれを焼いてみてくれ、おとしてから二週間、ちょうど食べごろの肉だ!!」
 ステーキハウスにデートと、三谷さんのレギュラー化がどうやら決まったお話。
 お話的には、ステーキって肉を焼くだけだけど、それゆえに難しいんだぜ、という回。

○昼メシの効果

 「名前がまたいいじゃないか、一文字グルグルだなんて……」
 また都合がいいじゃないか、有力政治家だなんて。
 便利屋政治家・角丸幹事長初登場。
 昼メシ食わせてスクープすっぱ抜きというお話。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/700-0b52c3f1