しっぽきり

○キングゴルフ

 集中力とか努力する才能とか。
 霞見さんには何やら思うところがありそうですが。

○トラウマイスタ

 笑いの概念に、「ライムライト」の命名理由を理解しつつ、個性一杯なキャラだなと思う一週でした。「ライムライト」の駄洒落に反応するなら、嘔吐カノンはどうなのさと思わなくもなかったり。

○MAJOR

 なんというか一昔前のメジャーリーガーイメージの典型みたいな選手のマードック。性格面はともかく、プレイ面までああなら、優勝争いしているチームにはプラスにはならないかも。
 ぶつけろという台詞は、走塁を誉めた吾郎を自分と同類と見たのか、あるいは試しているのか。

○アーティストアクロ

 父親を憎んでいる息子さんという非常に分かりやすいキャラクターなヴルーさんでした。相手を怒らせるための話術が必要そうな能力。

○お坊サンバ

 小麦議員と米議員の昔からの軋轢と、コメリカの横槍が入ったことで争いが激化してしまった悲しい戦争なのですね。

○三ツ星のスペシャリテ

 偉そうなことを言ったと途端に料理を否定されるケンタさんのお話でした。
 シチューが違ったのは、舌触りが悪いからと予想しておきます。

○金剛番長

 議事堂が先か親父が先か。
 大きさを表現するのに、国会議事堂から顔を突き出すという表現方法を選んだ鈴木先生は鬼才。

○最上の命医

 医者ってことを考えると、二十代半ばなナツメ先生の一話。
 危の腕とか過去とか、副院長との過去とか、詰め込みすぎな感もありますが。命の手術のみで、全部解決とはいかないのカナ?

○史上最強の弟子 ケンイチ

 一つの台詞で締める見事な二箇所並行バトルでした。
 師匠達をのぞけばケンイチを最も正確に評価してるのがボリスなのかも。

○クロスゲーム

 勝利したのは昨日までの無名高校・瀬名高等学校。十安打で一点とは、三木の粘りに加えて、驕りゆえに攻撃が雑になったからでしょうか。感慨深げで、いつもより台詞が多めな東が新鮮でした。

○月光条例

 どこかで見た仙女さんによる解説ショーと、エンゲキというよりはむしろ漫画家にとって無視しきれない名前になっているガラスの~ショーでした。
 マヤが舞台見たさに大晦日の出前を頑張るところまで見たのですが、続きが楽しみです。
 シンデレラを知らないエンゲキブさんは、とてつもないレアケース。というか、月光といいエンゲキブといいおとぎ話を知らない二人。おとぎ話を、親が子供に読み聞かせるものと定義すると、また新しい解釈ができそうですが。

○オニデレ

 ユナさんデカッ。
 正は、いい人ほど早死にするという言葉を思い出させてくれるほどの、いい人っぷりでした。そんな正に放って置かれる会長の不死身度は異常で、サキさん登場後の手芸部の陰の薄さも異常でした。

○野村AD野球

 ボケとツッコミの明確化という意味では、冒頭の「投手の頭悪い」ネタは余計だったような。

○お茶にごす

 ブルーといい魔女といい、筋を通す男前な人々のお話でした。
 そして、締めを持っていったのはやっぱり部長。

○ゴールデンエージ

 かもめ中を落ち込ませるキーパーと、盛り上げるキーパーの話。
 こういうシーンが出てくるということは、かもめ中の物語は終わりに近づいているのでしょうか。

○ハイド&クローサー

 ハッタリで駆け引きを仕掛けたりと成長速度が異常な春瓶なお話でした。
 そして、次週はどんな驚愕の新展開が(;`・ω・´)

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 そんなわけで二死四点差。
 桂木さんは、テーピングが何かできるのでしょうか。

○ギャンブルッ!!

 沢尻の意図は、玉の勢いを見てどこに落ちるか計っているでしょうか。投げこんだ後にも、ベットはできるわけですし。

○魔王

 ヽ(`Д´)ノ蜂様復活! 蜂様復活! 蜂様復活!!
 アジテートしまくる犬養と、突入する機動隊と、グラスホッパー仕様になってもゴスロリドレスは止めない蜂様のお話でした。

○イフリート

 最後の一撃は二人で。神貫消滅の一話でした。
 ラストバトルとか救出があっさりだったのは、最終回を一話丸まる後日談に使うためでしょうか。

 蜂さん復活おめでとうございますこんばんわ(挨拶)。

>集中力とか努力する才能とか
 定番ですよね。

>一昔前のメジャーリーガーイメージの典型
 すると、ちょっと不振に陥って見なくなったかと思ったけど、数字だけは残してるものだから『現役バリバリのメジャーリーガー』の触れ込みで東西どちらかの金持ち球団に高額でトレードされた挙句、日本独特の変化球主体の徹底的な外角攻めで完全に調子とフォームを崩して扇風機扱いされた上、ライバルチームの応援団に変な替え歌作られてさらにストレスを溜めてしまうのですね?

>相手を怒らせるための話術
 下手すると、黙って立ってるだけでも他人をイラつかせてしまう私にふさわしい能力ですね、ハイorz

>偉そうなことを言ったと途端に料理を否定されるケンタさん
>舌触りが悪いから
 カシミアにもピンからキリまでありますし、柔らかすぎるから毛玉が出来やすいです(挨拶)。
 それはさておき、美尾さんの見立て通り、『舌触り』でしょうね。料理長なのに厨房に立たずにいるところとかを見ていると、最終チェックもしていないようですし。

>議事堂が先か親父が先か
 もしかしたら、国民の知らないところで親父のために議事堂の天井は可動式に改造されたのかもしれません。
 でも、その辺りを突っ込もうとも『小さい事を気にするんじゃねぇ』『知ったことか』と返されそうなのが目に見えてしまいますが(笑)。

>驕りゆえに攻撃が雑になったからこその十安打一点
 いつでもどこでも強攻策、というのが窺えましたしね

>おとぎ話を、親が子供に読み聞かせるものと定義
 きっと、こういうことがないように、ちゃんと子供にはおとぎ話を読み聞かせましょうね。時々精神的に傷を負っちゃうぐらいのドキドキを与えた上で感動を与えましょうね―― と、世の親御さんを啓蒙したい藤田先生の意図があるのですよ(`・ω・´)

>そんなわけで二死四点差。
>桂木さんは、テーピングが何かできるのでしょうか。
 テーピングするにせよ、逆転するにせよ、九番を打つ大仏さん(本名)の活躍が左右するかと思われます。
 残りアウト四つですし。

>沢尻の意図
 それプラス、あえて0と00を潰す事で『そこから遠く』とディーラーの心理を限定することも考えられますが……この作品で心理戦を挑む、ということは、敗北フラグにも近いですからねぇ(笑)。

>ヽ(`Д´)ノ蜂様復活! 蜂様復活! 蜂様復活!!
 改めましておめでとうございます!
 こちらも待った甲斐がありました!!

>ラストバトルとか救出
 赤銅の脱出がなかったというのは、死を意味するのか、それとも、最終回の雰囲気を覆すための『最終兵器』として爪を研いでいるのか―― 当然後者であると信じていますが(笑)。

2008.08.31 20:19 URL | すがたけ #- [ 編集 ]

>集中力

 あらゆるスポーツ、特にゴルフでは必要な要素ですしね。プレデターは心身ともに才能豊かということでしょうか。

>応援歌

 定着する前に帰国という線もありそうなw

>能力とか

 いやいや(´・ω・`) つ旦

>カシミア

 あの描写から見るに、それ以外考えづらいですよね。

>国会

 むしろ親父が開け閉めしてるんじゃないかと思ったりw
 閉めるのが大変そうですがw

>監督

 傲慢でしたねー。本当に学習をしない人って感じでした。

>四点差

 まだ、慌てるような得点差ではないんですよね、守ってるがわにしてみれば。ランナーもいなくなってるわけですし。

>復活

 ええ、ええ。いよいよ復活です(`・ω・´)
 きっと、あんなことやこんなことを――!

>赤銅

 ひょっこり生きててもおかしくなさそう、というか生きてると信じて疑いません。ニナミさんフラグが完全に潰れてしまったけどがんばれ赤銅(`・ω・´)
 

2008.08.31 21:02 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/663-4c21721c