しっぽきり

■うまくなりたければ量を描け(石ノ森章太郎先生の言葉) すがやみつるblogさん

 真理なんでしょうね。
 司馬遼太郎先生も同じこと言ってました。手紙でもなんでもいいから、上手くなりたかったらとにかく毎日文章を書けと。

兵部の読んでた『超能力が世界を破壊する』はタケシ君父の著書だということに気付いて嬉しいサンデー31号絶チル感想 C-wwwさん

 気付きませんでした……_| ̄|○
 薫の幸福を願うという一点において(ノーマルとの戦争は、薫の性格上不可避と判断しているのカナ?)、皆本は兵部に自分がいなくなっても大丈夫と判断させうる存在なのかもしれません。

136th sense.「オーバー・ザ・フューチャー(6)」の感想  絶対可憐百貨店さん

 幸せにおなり、だ。
 なんとなく読んでて、からくりサーカスのギィを思い出しました。ギィの場合、復讐という概念はあまり感じられませんでしたが。
 (皆本への信頼と)同時に、皆本の側から未来を変える力は(現時点では)誤差にすぎないとしても、皆本の存在自体は、兵部にとっても無視しきれない大きな存在ともいえるのですね。
 
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/605-5394b92b