しっぽきり

○トラウマイスタ

 新連載第一弾! なのですが、ピカソのトラウマが柱にするのはちょっと無理なような。

○最上の命医

 埴輪……。副院長の位置付け考えると、埴輪リアクションは正直微妙。

○MAJOR

 原点回帰の一話でした。

○神のみぞ知るセカイ

 偶像から星の台詞回し、好きです。
 落とし神がライブに入れたのは、かのんからチケットもらってたのでしょうか。

○月光条例

 一寸法師居残り編。
 呑舟っていうことは、巨大な獲物も呑み込めるということでしょうか。それはそれはシュールな光景が見られそうですが。
 打ち出の小槌の実質的な効果は、一寸法師がいない間の「一寸法師」の世界では、一寸法師役を他人がやるということでいいのでしょうか。

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 食いつきやすいコースとか球種なら、ストーキングしてまで性格分析せずにビデオで研究すれば……。
 まっすぐとかやりすぎ以前に、やり方から間違ってたような。

○クロスゲーム

 東兄と青葉の偵察回。
 いつだったか(プレハブ組と一軍の試合前?)「(コウは)青葉の期待に答えたことがない」云々と今回の「結婚できますよ」を強引に結び付けて考えるなら、できないのかな結婚。あくまで、結び付けて考えればの話ではありますが。
 
○金剛番長

 (´Д`)Σ
 粘液の下は美少年番長というオチでした。
 五人の番長の格付け的には一番下に見える念仏番長も、番長だけあって結構強いことを再認識。
 粘液まみれいなった気持ち悪がる剛力番長がちょっと意外でした。

○お茶にごす

 山田は経験なさそうに見えるけど、飛びぬけて器用と思ったほうがいいのでしょうか。
 展開を考えたり、汚しを入れて特訓しました風に見せるアニ研はいかにもアニ研という感じで吹き出しました。

○ゴールデンエージ

 決勝ゴールのトラ。というか、その位置でフリーにしちゃダメ。
 最後のミドルは撃たせてやりたかったけど、まあCKでも終了の笛吹く審判もいますからねー。
 決勝の相手は東神との再戦になるのか、それとも未知の強豪が上がってくるのか。

○MY SWEET SUNDAY

 ナナちゃんが葵に見えました。

○ギャンブルッ!

 マサルが仮に修正しきれたとしても、ジャンを見てたら分かるんじゃないかっていうぐらい、ジャンの表情の豊かさが気になりました。あと、クラスメートの癖がやたらと下品なのも。

○ハイド&クローサー

 「殺したい呪術師がいる」でますます昨日の敵は今日の友フラグが立ったような。

○オニデレ

 いつになく鬼頭衆の物語。
 当面は生徒会との対立がメインになるのでしょうか。
 作品の性質上、サヤの障害になる事件(鬼頭衆がサヤを担ぎ上げるような)が必要なわけですが、それを自動的に起こす役を生徒会長に担わせているという印象が。生徒会長のキャラを立てすぎると、正の影が薄くなりそうな悪い予感もしますが。

○魔王

 ハイドはゴキブリのことが嫌いだから怒ったのか、小さな虫が集っているから怒ったのかについても安藤には考えて欲しいところ。
 お別れと動く最強の敵と。

○クナイ伝

 秘密の共有と援軍と。
 言っても詮無いことですが、もう少しクナイといづなが同じ場所で戦うエピソードがあったら、違う感慨が持てたかもしれません。

○お坊サンバ!

 初回に出てきた両親は偽者で、本当の父親はスーパーチワ丸、本当の母親はシュベリック王家王女だったんですね、わかります。

○イフリート

 色々あって毒を食わば状態の真嶋と、一同揃って支部行きの咎人達。そんななか、いよいよおっちゃんと支部長は死闘を開始。
 
○ロストブレイン

 対面の二人。物語はいよいよ最終局面に。
 議員さん達の催眠にえらく時間がかかってたり、議員に排除命令を出させるということは旧支配の形式をそれなりに認めている、というか状況をここまで混乱させてから議員にそんな極端な命令出させても意味が無いとか、一番大事な場所に予定にない人間が易々侵入できるってのはどうだろうとか、思わなくもないですが、設楽さんが待ちわびてるんなら、それでいいんじゃないかな?

>まっすぐとかやりすぎ以前に、やり方から間違ってたような。
安藤弟といい、回りくどいやり方や言い回しが流行りなのでしょう。
 という訳で、こんばんわ。

>粘液嫌いな剛力番長
 こんなこともあろうかと準備していたコミックスを読み返してみたところ、『苦手なもの・嫌いなもの:甘いもの・爺やのお説教』となっていた剛力番長のことなので、きっと、粘液というよりはガムシロップとか水飴を思い浮かべたのだろう、と推察します。

>というか、その位置でフリーにしちゃダメ。
上手くいっていたことを引っくり返された途端、急にちぐはぐになってしまう、ワンマンチームの悲劇という奴なのかも知れませんが……確か、栄大藤沢は倉地さんじゅうさんさいが加入するまでは守備で売っていたチームだっただけに、『フリーでパス供給→バイタルエリアでどフリー』と、守備陣どころか中盤までもが一切機能しないほど連携が崩壊してしまう、というのは流石に疑問でした。なので、メガネの決勝ゴール、という印象がかすむかすむ。不遇といえば、不遇です。
 ……そういえば、ファンタジスタでは逆のコンセプトのチームがありましたね。元は攻撃的だったけど、勝ち残るためにPK狙いに徹する超守備型チームに変化したチームが。藤沢もタレントは新加入の倉地さんじゅうさんさいや抜擢されたまくたん以外はほぼ旧チームと同じはずだっただけに、そのチームの『点を取られたら切り替えて旧来のシステムに立ち返る』くらいの柔軟さを持っていれば、試合の流れは違っていたかもしれないだけに、あっさり機能不全に陥ってたのはちょっと惜しいです。

>まあCKでも終了の笛吹く審判もいますからねー。
 はい。お言葉の通り、ついこの間ホーム―― しかも同点だというのに吹かれました。
 まぁ、唯一のキッカーが6試合ばかり負傷離脱していたとはいえ、今季のCKからの決定率が2/120行かないという現状では『どうせ入らねーだろ』と判断されても仕方ないでしょうが、ロスタイム直前には、その『2本』のうちの1本を決めてただけに、夢を見させてくれても―― ああ、そう言えば、そのCKからの1点を決める直前に、勝ち越しゴール決めたのは『美尾』選手だったなぁ(笑)。

>ナナちゃんが葵に
 見えました。
 どころか、偶然ながら、コンビニで購入する際にサンデー手にとって開いたところがそのページだったため、絶対的エースと女帝様を思わず探してしまったぐらいです。

>議員さんあれこれ
 そういえば最近は資料からの引用がなくなってより一層なんでもありになったせいか、学校では瞬間的且つ劇的に効果を示していた集団催眠が、議員相手には効き辛くなってしまっていたのが印象的でした。
>今週も設楽さん
 登場コマ数が少ないからでしょうか……生気のない主人公達に比べてあまりにも活き活きとしすぎです。
 でも、監視役の割にあっさりとボスのところまで進入を許している辺り、登場回数の少なさから来る面識のなさが泣き所になった模様です。

2008.06.20 04:40 URL | すがたけ #- [ 編集 ]

>甘い番長

 あれが全て甘いもので、ガラスの中に密封されているというのは、匂い的に考えてもかなり厳しそうです((((( ;゚Д゚)))

>ゴールデンエージ

 守る右サイドと攻める左サイド、いままでとは違って攻めてもせめても崩れない相手チームという状況だっただけに、仕方なかったのかもしれませんねー。

>笛を吹く審判とゴールと

 なんと奇遇なw
 まあ、グラウンド四分の一あたりにボールがある内は吹かないで欲しいですね(´・ω・`)

>ナナちゃん

 相方の子も、無理すれば紫穂に見えなくもないようなw
 それはともかくとして、このタイミングで現役の連載作家さんを持ってくるとは意外でした。

>議員

 きっと、国民に選ばれているだけあって、皆さん精神力が強かったんですよ!

>設楽さん
 
 輝いてますよね、やたらと嬉しそう。
 その嬉しさのあまり見逃してしまったんでしょうね(ノ∀`)

2008.06.20 23:39 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/577-08da2e39