しっぽきり

 ギャグと言うことで、キャラクターの味付けは濃くなっているんだけど、ハルヒ―暴走、キョン―ツッコミ・巻き込まれ役、みくる―いじられマスコット、長門・古泉―飄々 というように、役割は変らず。というより、本編自体が既にギャグ漫画じみた構造を持っていたということでしょうか。味付け濃くなった中でも、森さんの味付けは出色でした。
 巻末に谷川先生のコメントあり。よかったよかった。

 そういえば、コンプティークで「かがぶー(らきすたのかがみが豚体型だったらというパロディ?)」が連載されてたり、アニメが大ヒットするってそういうことなんだなとちょっと悟りました。というか、角川ってそういうところ、と理解するべきなんでしょうか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/554-16fd7e11