しっぽきり

SS書く時のネタ帖になればいいなぁ、と願いを込めて。

前回Vol1~100をやったので、今回はVol101から最新更新分までを。
(102)

・西沢さんとマリアさんが、ちゃんと会ったのはこの回がはじめて。


(103)

・13号はエイトの進化版。モデルはハヤテで、製作者である牧村さんとエイトのラブラブ生活が完全フィードバックされている。

・感情コントロール・各種センサーを完備した、完全無欠の執事ロボ。

(105)

・マリアさんと牧村さんは元クラスメート。

・マリアさんは牧村さんが苦手だったらしい。

(106)

・雪路にはお金を貯めるという感覚が完全に無い。

・ヒナギクの鉄壁ガードで、金融機関からの借金は皆無。

・ダメ姉も、ヒナギクの本気のお願いは聞く。
ただし、ヒナギクをはじめとして、周りの人間からの借金はある。

・一番、借金しているのが白皇の理事長。


(107)

・二人の刑事のうち、おっさんが『柏木譲二』、若い方が『乃木坂澄人』。二人とも男

・タイガ坊ちゃんの髪型が変わったのは、髪型に特徴をもたせるため。
結んであげたのはヒムロ。

・姉のことで混乱状態だったヒナギクは、全ての事情を理解した後、自分の愚考をハヤテに見られたことを恥じて、姉をつれて退却。おそらくは、そのことでベッドで悶絶。

・伝票は結局ハヤテ持ち。

・ハヤテは屋敷の電話番号は覚えている。


(108)

・シラヌイはタマほど人に近くないので、本能で屋敷内の上下関係を把握し、一番上のマリアには従順だが、そのほかの人は自分と同じかそれ以下だと思っている。

・ナギのことは「まぁ、友達ぐらい」、ハヤテにいたっては餌運びマシーン。

・ハヤテは色々あったので、幽霊にはもう慣れてしまった。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/52-cc2219a5