しっぽきり

 なんだかんだあーしたこーした事情で、親友の恋愛事情をそれとなく察した気分の美希さんと理沙さんは、ちょっと戸惑い気味でした。
 ハヤテ君の天然ジゴロとしての危険性を、ヒナギクさんを通じて、なんとなく感じていた美希さんの狼狽は特に著しいものでした。動画研究部としてハヤテ君の行動は十分に収集していたつもりが、部員が惚れるとは、まさに灯台下暗し。完全に予想外の展開でした。
 しかし、ハヤテ君はあのとおり天然ジゴロで、泉さんは性癖は特殊とはいえ、一六歳の乙女。そういう感情が芽生えても不思議なことではないのかもしれません。
 もしかしたら、自分の知り合いから二人犠牲者が出るかもしれないと複雑な心境の美希さん。理沙さんも美希さん同様に、戸惑っているようですが、どこか哀れむような色も含まれています。
 そして、泉さんもかわいそうだと語り始めました。
 かわいそう?
 首を傾げる美希さんに、理沙さんは言います。
 ハヤテ君は、自分にゾッコンなんだと。
 わざわざマイクを届けにきたり、なんだかんだで牢屋に入ってくれたり、爬虫類っぽいのと戦ってくれたり。ここまで尽くしてくれるハヤテ君は自分に夢中にちがいないと理沙さんは思っていたのです。
 それを聞いて美希さんは、自分の人としてのランクを一つ上に付けるのでした。



 一方対決者控え室。
 ハヤテ君は燃えていました。
 おからと梅干、炭酸を抜いたコーラを大量に摂取し、キロ単位の果糖も飲み干して、エンジンの回転数を上げていきます。
 そんなハヤテ君の元に訪れた泉さんは、どういう積もりなのかハヤテ君にヒナギクさんのことを好きなのかと問い始めました。
 恋愛事情を知りたいという泉さんの唐突さに驚きつつも、ハヤテ君は以前、街中でバッタリ会ったときと同じ答えを返します。
 恋愛感情は今の自分には分不相応なものだと。
 そのことを思い出して、更に興味を湧かせたのか、泉さんはまた聞いてきます。
 その彼女はどんな子だったのか?
 そして、埋めたはずの思い出が、蘇りました。

 自分に伸ばされた小さくてきれいな手。 
 自分を叱るときに見せる不機嫌な、それでもかわいらしい横顔。
 自分をときどき誉めてくれるときの甘い声。
 そして、ずっと……。

 思い出に言葉を詰まらせるハヤテ君の瞳から涙が零れ落ちました。
 そして、理解しました。理解できました。

 振り払われた手。
 拒絶する言葉。
 
 あのとき正しかったのは彼女で、そして、間違っていたのは自分だと。

 その思いは、泣いた自分を優しく抱きしめてくれた泉さんの温もりのなかでも変りませんでした。

 それはそれとして、二人がどんな感情をこめて、こういう形になったかどうかは置いといて、それを他人が見れば、好き同士が人の目盗んでイチャつきやがって意外には見えないもので、あげく目撃者が父親と親友とあっては、口止めがまったく効きません。当事者ですから。
 オタオタとして言い訳しても怪しいばかり。その言い訳も、ハヤテ君はヒナギクさんが好きで昔の彼女とただれた関係で、とハヤテ君にとって得になりそうなものは一つとしてありません。
 そんなわけでストリンガーさんブチ切れ。
 さっそく決闘場につれられていくのでした。



 そんなわけで、たどり着いた瀬川家の決闘広場「大いしんぱーれんせーは」
 剥き出しの岩の柱の無骨さと、スナック感覚で火葬も済ましてくれそうな溶岩の煮立ち具合が、殺意を振りまく素敵空間。こんな決闘上を用意したストリンガーさんのメッセージは「死ね」の一言に尽きるようでした。
 死ぬかもしれない恐怖より、殺してもいいと思うストリンガーさんに若干ひきぎみのハヤテ君の目の前に現れた対戦相手は、仲間であるマイスター一人と馬を一瞬にして蒸発させるほどの暴虐さと実力を持つネギ・仮面・マイスター三人の五人で構成される瀬川四天王。
 が、ハヤテ君の拳一つでダウン。
 コナミとは仲直りできたとはいえ、そういう連中が跳梁跋扈するのをハヤテ君は許しはしないのです。
 
 それはともかく、父親が本気なのを察した泉さんは、誤解を解き、戦いを止めようとします。
 ですが、誤解を解くのを止める男が一人。
 自分の花嫁のためになら死も厭わない虎鉄さんが登場したのです。
 自分の息子が抱いた禁断の愛に慄然とするストリンガーさん、日本語の便利さに感心するおバカさん二人を前に、泉さんとハヤテ君の結婚を阻止するため、愛のため戦う虎鉄さんとハヤテ君のバトルが始まりました。
 強襲を交わし、追撃の一撃を交わしていくうちにハヤテ君は色々なことを悟ります。

 足場が悪いこと。いままでまともに戦ったことはないけど、虎鉄さんは強いこと。
 携帯を返して謝りに来ただけだったのに、なぜか生死をかけた決闘をしていること。
 虎鉄さんが、好きな人間を脈絡なく、その場の空気だけで殺そうとしていること。

 とにもかくにも生き残らなくてはならない。いや、もしかしたら逆に、正当防衛云々で虎鉄さんを排除できるかもしれない。
 ハヤテ君が、ポジティブにこの対決に臨もうと決めたころ、マリアさんはナギお嬢さまが指摘した造物主の不手際を無視しつつまたアリバイ出演を果たすのでした。
 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.04.21 23:52  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/517-c4c06401

今週のハヤテのごとく!172話@瀬川家の花嫁
ラクーアといえばなばいと夫婦の定番デートスポット それが一発目の私の脳は百合脳です

2008.04.16 19:39 | 蒼のごとく!

ハヤテのごとく 第172話感想
 アーたんが回想だけで登場です。出し惜しみなんでしょうか? そんな第172話「予定は未定」の感想を書いたり書かなかったりします。 ...

2008.04.16 19:49 | ゲームの戯言+α

今週のハヤテのごとく!52~執事って凄いなぁ~
第172話 予定は未定 瀬川家編もいよいよ佳境に入ってきたようです。 そんな今週の話でふと思ったことが、 ハヤテのごとく!の世界ではハ...

2008.04.16 21:44 | サクラ咲く夜に