しっぽきり

 この記事は少年サンデー7号のネタバレを含みます
○ダレン・シャン
 
 そんなわけでデビー再登場。
 一三年も子供やめてたら、そら辛いよねというお話でした。

○金剛番長

>今はプリンが優先だ。
>じゃあ…いただこうかしら。
 番長になるためには、食べなきゃだめだぞという教訓を含むお話でした。
 とりあえず、正義の人っぽいので、ゆくゆくは金剛番長と共闘するのかなと予想しておきます。

○ハイド&クローサー
 たしかにバカなのだけど、どうせなら気付くのは春瓶にやってほしかったかも、というお話でした。

○MAJOR

 しょうもない理由で殴られた吾郎は、イップスやろうがやっぱり吾郎なんですねー。
 とりあえず、上限じゃなく下限を上げるための努力編というお話でした。

○ロストブレイン

 九園寺殺すのはダメで、二人を自殺させるのはOKなメガネに戸惑うお話でした。

○魔王

 蜂さまの復活に胸を湧かせ、再度やられるヘタレっぷりに消沈するお話でした。
 あと、手下の拘束を解く速さと、解いた後あっさりやられる弱さにも、それぞれ味わい深いものを感じました。
 弟が、犬養信者なら意地悪く面白くなるような気が。

○クロスゲーム

 そういえば野球部だったよね、こいつら、というお話でした。

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 服着たらトーン貼らないんだから、風呂のシーンで焼けさせるリアリティなんていらないんじゃないかと思うお話でした。

○DIVE!

 潰れかけのクラブから選手が候補が二人でたことんじゃなく、候補が二人でたクラブが潰れかけてると考えたほうがよさそうな気もするお話でした。

○マリンハンター

 グッピーさん、焼けど完治に見せかけお勤めご苦労さまです。
 最後のシャークの心中語りが、吹き出しと表情のせいで微妙にギャグっぽく見えたお話でした。

○ゴールデンエージ

 丹波と唯の関係が、ファンタジスタの沖田とテッペイの関係にちょっとかぶったお話でした。

○お茶にごす

 まークンだけでなく、茶道部一年生全員にとって部長はある種の神様みたいな存在なんだなと思うお話でした。
 異論はまったくない。

○イフリート

 本当に弁護士の資格持っててもおかしくはなさそうな支部長と、その支部長を掌で遊ぶこともあるお付きのメイドさんの底知れなさに脅えるお話でした。

○ワイルドライフ

 この場を切り抜けても、ライオンに警察襲わせたとあっては負けだし、そもそもラスボスがライオンで次週最終回ってどうなんだろうというお話でした。

○あいこら

 繰り返されたハチベエの結論と、そして天幕の結論、最終回間近に警官介入で微妙にネタ被り、というお話でした。
 あと二回……カナ?

○メテオド

 旅立ちにふさわしい、青空のように爽やかな最終話でした。
 それにしても、巻末近くの三つの漫画が最終話OR最終話間際とは。一部作品を除けば、どれが次にフラグ立てるのかが読めないサンデーが怖いです(((( ;゚Д゚)))













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/432-9db06047