しっぽきり

(この記事は少年サンデー2・3号のネタバレを含みます)
 草木も眠る丑三つ時知りませんが、ナギお嬢さまが目をお覚ましになったのは午前二時。
 高尾山登山による後遺症で、筋肉痛を起こしていたナギお嬢さまは、一日のほとんどをベッドですごされました。横になれば当然睡魔も襲い掛かり、寛大なナギお嬢さまは睡魔と仲良くしました。
 なので、眠れません。
 午前二時といえば深夜ラジオの黄金時間。しかし、新学期がはじまってから多少改善されたナギお嬢さまの生活リズムにとっては深夜すぎる時間帯です。
 隣で眠るマリアさんをふと見ると熟睡中。ナギお嬢さまには存在しない時間帯に起床されるだけあって起こすのも忍びありません。
 が、お嬢さまの心に湧いたのはイタズラ心。人差し指で頬っぺたをプニっとやりたくなってしまいます。
 スーと近づいていく指。
 マリアさんの制空圏内に入ったその時でした。
 ただの夢か、前世の記憶か、鏡の中にある世界での真の姿か、口をついた台詞は、

「ジャンクにしますよ」

 の一言。
 突然の寝言に驚いたナギお嬢さまは、すっかり目が覚めてしまいました。
 このままでは眠れず、明日に響いてしまいます。なので、心は進まないものの、体を動かそうと決断されました。


 テクテクと歩くこと数分。
 なぜか足がむいたのはハヤテ君の部屋。
 自分の足音だけが響く夜の廊下に恐怖したのか、夜一人で遊ぶのが怖いのか、それとも強いとはいえ、一応人間であるハヤテ君が、急にポックリといったり、延々とPCの前で書き込みがないか更新を繰り返してたり、ネトゲ廃人になってたりしないか、ハヤテ君が心配たったのか、とにかくお嬢さまがいたのはハヤテ君の部屋の前。
 ちょっと様子でも見てやろうかとドアノブに手を伸ばした瞬間、ドアが開きました。
 ドアの前に人の立つ気配がしたから、そう語る、以前は借金取りから逃げるために、今は誘拐犯のボーナスステージと化しているご主人さまを守るために、人の気配には鋭敏にならざるを得ないハヤテ君。
 そんなハヤテ君、やはり常人ではありません。
 執事とのしての仕事を終えた後も、深夜二時ごろまで学校の勉強。起床するのはマリアさより早い朝の五時、睡眠時間は大体三時間とナポレオンクラスの睡眠時間です。昔は、昼夜なくバイトした結果の三時間でしたが、いまは学生としての本分である勉強もできるから大分マシといわんばかりのハヤテ君は、ナギお嬢さまの心理状態を適確に分析していました。
 睡眠時間を削るわけにはいかないと、一人遊びに入ろうとするお嬢さま。が、ハヤテ君が手にしたのは、枕ではなく執事服。
 夜が怖いお嬢さまを一人にして怖い思いをさせるわけにはいかないと思ったのです。なぜなら、綾崎ハヤテは執事なのですから。

 ハヤテ君が提案したのは、お嬢さまの考えどおりに、まず体を動かすこと。
 お嬢さまが持ち出したのはWii。ストラップの使い方をマスターしたお嬢さまは軽快に運動を続けますが、意外と手首以外は動いてないような気がします。大体ゲームは体を動かさずに遊ぶためのものであって、ゲームで運動なんざしゃらくさい発想のような気がしないでもないような気が、たまにしたりしなかったりすることがあるようなないような?
 そんなわけで、ハヤテ君が次に提案したのは、温水プールでの水泳。
 お嬢さまは女の子。勘違いとはいえ、恋人のハヤテ君に水着姿を見られると言うのは、嬉しいけど恥ずかしい、そんな複雑な心境ですが、ハヤテ君は自分の睡眠時間を盾にごり押し。
 

 水着初披露のナギお嬢さまですが、突然のこととあってスクール水着しか用意できませんでした。だが、それがいい、と言わんばかりのハヤテ君は、執事服。二人とも水着というシチュエーションは、お嬢さまにはハードルが高すぎたのです。
 そんなわけで、飛込みではなく、プール脇の梯子からおそるおそる入水のお嬢さま。
 が、あちこちピカピカ光る部屋一杯のスーパーコンピューターで肉体的なスペックを科学的に徹底的に分析していくと運動ジャンクという答えが出る、ナギお嬢さま。無論、カナヅチです。
 抵抗があるから、歩くだけで効果的というハヤテ君の進言に従って、えっちらおっちら歩きますが、すぐに飽きてしまいます。
 ここで、ハヤテ君のあらたな進言。
 泳いでみたらどうか?
 できないできないと言っても、誰もが最初からうまくはできないもの。
 ゆっくりゆっくりとやっていけば、きっとやれるようになるはず。
 躊躇う、お嬢さま。
 水に慣れていくうちに、ハヤテ君は寝てしまいました。
 そんなハヤテ君の寝顔をと言葉を信じて、ゆっくりとプールの底を蹴るお嬢さま。
 お嬢さまの体が、プカリと浮かんだ次の瞬間、
 ふくらはぎがジャンクしました。
 沈む、溺れる、つまり死ぬ。
 が、お嬢さまが恐怖を抱いたのはほんのわずか。
 持ち上がる体。持ち上げたのは執事。
 超人的なハヤテ君は、お嬢さまが溺れる時間もお見通しだったのです。
 そんな二人のプールでの密会は、ハヤテ君がお嬢さまの水着姿を誉めて終わるのでした。

 翌日、睡眠不足のお嬢さまをよそに、ハヤテ君はぴんぴんして元気なのでした。
 


のはなしのはなし
(2007/09/28)
伊集院 光

商品詳細を見る












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/398-65837c11

ハヤテのごとく! 第156話感想
 お嬢さまの水着姿とかそれ以前に!マリアさんの寝顔に夢中なのです。 そんなハヤテのごとく!の第156話「眠れないAM2:00イラだってドアを壊す」の感想。

2007.12.12 20:40 | ゲームの戯言+α

[ハヤテのごとく!]今週のハヤテのごとく!156話@水着!サンタ!着替え!
今週はクリスマスカードがついてくるのですが絵はマリアさん ということで、マリアさんファンの方々いい反応お待ちしております さらにはTCG情報やらDSゲーム化第2弾まで・・・散在させる気、まんまんですね とりあえず今回から続きを読む形式にするラインを低くして

2007.12.12 23:31 | 蒼のごとく!

ハヤテのごとく!156話【眠れないAM2:00イラだってドアを壊す】畑健二郎
 三千院ナギは眠れない。筋肉痛のせいで使用人たちがストロベリってた間も寝台に臥せっていたお嬢さまは深夜になって目が冴えてしまったご様子。隣ですやすや寝息を立てているメイドに悪戯しようとするも、史上最強大統領の秘書を思わせるセリフに恐れおののき手を控える...

2007.12.13 00:30 | 360度の方針転換

ハヤテのごとく! 156話
 金剛番長かっこいい……!!(;´Д`)

2007.12.14 04:20 | くるくるばたばた

連載156話にマリアさんビーム。
午前2時。 ナギお嬢がガツンと起きてしまったまさにそのとき、実は桂お嬢も起きておりました。 と、いうのも、そう、全ては最近自分の担任にまでのし上がり、調子こいてる...

2007.12.15 23:54 | 神聖マリアさんビーム