しっぽきり

 トレカにもパロディが満ち溢れている件。
 一番強いカードが、演奏する朝風理沙という不思議。

(この記事は少年サンデー47号のネタバレを含みます)
○金剛番長

 これは……っ!
 と思うほど、むせ返るぐらいに何かが溢れている第一話でした。

○クナイ伝

 邪紅のターン。
 伏線張りつつ、力を得て浮かれる主人公戒め話。

○MAJOR

 ルーキー二人で監督の采配(=オーナー命令)無視して問題ないの? とかワッツで本当に抑えきれるのかとか、自分から降板するより素直に一敗してしまうほうがダメージ小さくないかとか。

○ギャンブルッ!

 確実に勝てる小遣い稼ぎの打ち出の小槌としてのギャンブルから、ひりつくような真剣勝負としてのギャンブルに。
 将来有望なはずの名門校生徒たちが、人生を踏み外す第一歩でした。
 
○マリンハンター

 グッピーさん半裸お勤めご苦労さまです。
 カニは男の子でしたか。シジミの対になるキャラなのでしょうね。
 蛮人老の家が、和風だったことに世界観からズレた不統一な感じがして、何かいやでした。

○史上最強の弟子 ケンイチ

 最後の一瞬、一撃の差は師匠の差というお話でした。

○クロスゲーム

 試合を続けられるチームと、終わってしまったチームと。
 トラウマから解放されて、大人過ぎる東は今後どういう立ち位置になるんでしょう。

○お茶にごす。

 部長もしんどい生き方をしてます。普通にやろうとするとしんどい生き方になるのでしょうけど。
 谷崎というガスの抜き所を持っているナオミさんはある意味では幸せなのかもしれません。ガス溜めるのも、概ね谷崎なのでしょうけど。

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 虎鉄さんに見せ場があるといいなぁと、それだけ思ってます。

○イフリート

 二人の能力・立場的にああいう展開になるのはしょうがないし、友人さんがああいう反応を見せるのも当然なのですが、それでもすっきりとしないお話でした。
 殺人現場を、淡々と片付ける支部長のメイドさんたちは万能。

○あいこら

 次号さらに進展。複数ヒロインがいて、なおかつメインヒロインとの関係を進ませるということは、引き返せない段階に話を進めてるというわけで。
 明確に時間は進んでることを考えると、終わりが近いとするのなら、三月・四月(寮に来てから一年)あたりが、一つの目安になるのでしょうか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/350-35f67db1

週刊少年サンデー47号:新連載金剛番長
・金剛番長 帰ってきた鈴木央先生新連載。インフレ趣味が高じてついにあさっての方向新境地を切り開いたか。 無敵設定の番長によるギャグ漫画としか思えなかったのだけど、他にもいろいろな異名をもつ番長が準備されている事を考えると、刀を素手で折れるレベルの番長....

2007.10.26 00:02 | 360度の方針転換