しっぽきり

(この記事は少年サンデー47号のネタバレを含みます)
 是が非でもハイキングに行きたくない! というか、引きこもりたい!
 なので付け焼刃の民明トリビアでぼくの考えたハイキング地獄絵図を披露するお嬢さまなのでしたが、壮麗なるマリアさんにはそんな知識通用しません。
 公共広告機構に頼ろうが、何しようが無駄です。高校二年生になったのだからと、スパルタ方針に転換して叱るマリアさんもつらいのです。

 お嬢さまの必死の抵抗もむなしく、日めくりカレンダーはめくれて四月十日。
 白皇学院オリエンテーション、高尾山ハイキングの日です、幸か不幸か晴天です。
 覆面生徒たちに号令をかけるのは雪路先生。ヒョウ柄ジャケットにミニスカハイヒール。山にぴったりです。野生とかそんな意味合いで。
 
 いくら高尾山が遠足にもよく用いられるポピュラーな山だろうが、体力のないお嬢さまにはシェルパに手伝ってもらっても辛い道程、さらに今回はシェルパどころか、ハヤテ君が荷物一つ持ってくれないという死の道程です。
 何度言っても手を貸そうとしないハヤテ君。
 聞いてみれば、マリアさんから、ナギを甘えさせずリュックを最後まで持たせるよう、仰せつかってるとか。
 家族同然とはいえ一メイドの言葉をかたくなに守り、主人の頼みをスルーする――三千院家最高の実力者が誰であるのか、さすがにハヤテ君は悟っているようです。
 が、下には下がいました。その名もクラスメイト一、東宮くん。
 「えっ、お前お嬢さまがつけると動けない剣道用防具をつけてヒナギクと勝負してたじゃん、あっさり負けたけど」等とは思ってはいけません。
 今回の東宮くんには野々原さんはいません。そう、隣のマスに執事を配置すると発生する使用人補正の恩恵を受けられないのです。「元の能力×三倍」の補正がかかる執事補正を受けられなければ、というか元の能力はこんなもの、高尾山を登るなんて不可能なことなのです。
 なにより、まずいのは班分け。
 この班の構成は、ハヤテ君・ナギお嬢さま、虎鉄さん・いいんちょさん、東宮くんの五人。
 二組は主従関係。あまりが一人。
 それ以外にも、虎鉄さんとハヤテ君の仲は言わずもがな、いいんちょさんとナギお嬢さまもアドレスを知っている仲で、動画研究部の部員同士です。
 こんな五人の中でとってもやっていられない一人ぼっちの状況で、東宮くんが近道を行くことを決断したことを誰が責められるでしょう?
 そして、補正を得られてもそもそも元の能力がたいしたことないナギお嬢さまが、休むためにハヤテ君へ東宮くんを追うように指示したことも責められません。
 が、三人が迷子になったり、虎鉄さんがハヤテ君とあんなことこんなことを企んでいることを読みつつも、見送ったいいんちょさんは責めるべきです。そのほうが喜ぶんだから。

 尻にしかれること確定なワタル君はともかく、うかつにもリーダシップをとらせてしまった愛歌さんが、和服・下駄で登山する屈強な巫女さんの巻き添えをくらっている間にも、他の班は進んでいました。が、遠足にアクシデントはつきもの。
 十傑集並みの体力を活かして、ハイヒール・ミニスカで殿をつとめる雪路先生の元にトラブルの報告が次々と集まってきます。
 まず、いいんちょさん。
 そして、賢明にも伊澄さんを信用しなかった千桜さん。
 二組が迷子。生徒を信頼してやまない雪路先生は、スルーの選択肢を選びかけますが、しかし信頼してやまない生徒の一人に「また給料、下がるぞ」との忠告を受け、生徒の提案を無下に断るのも教育者としてどうだろうという思いから、捜索を決意します。
 とりあえず、頼りになりそうな妹を呼び出します。十歳のときの恥ずかしい過去を出汁に。
 呼び出したヒナギクさんに、うまいこと言う生徒二人を押し付け、あまり使えそうにもないけど、たぶん自分と同じ理由で風邪はひきそうにない、体力があまっているいいんちょさんを連れて、捜索にでかけるのでした。
 


 そんな捜索対象の三人は、やっぱり迷子になっていました。
 二人きりとのたまう虎鉄さんには、東宮くんは石ころキャップをかぶっているも同然のようです。
 そんな二人と石ころの前に現われたのは、史上最恐のただのイタチでした。

 お嬢さまを思う顔も美しいマリアさんを愛でつつ来週に続きます。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/347-572c8d2a

[ハヤテのごとく!]今週のハヤテのごとく!原作149話@いいんですよね?信じていいんですよね?
タイトルが・・・タイトルが・・・そんなに忙しいんですか・・・ 扉絵はナギお嬢さま単独。何故か久しぶりな気がする ナギお嬢さまのイメージ上のハイキングが酷過ぎる件について。そんなに残酷なものじゃないって・・・ 東京の火とって高尾山登るのですか。私登った経験無

2007.10.24 16:52 | 蒼のごとく!

ハヤテのごとく!149話【ハイキングに行きたい。すごい行きたい。ていうか仕事場から出たい】畑健二郎
 高尾山をゴルゴタの丘かなにかのように言い表してハイキングを回避しようとするお嬢さまの捏造から話ははじまる。さすが漫画家の卵はいうことが違う、彼岸島に行っても法螺話でピンチ回避だぜ! しかし、アッタゾ=デカシタ!なんて超展開がハヤテのごとく!一の常識人..

2007.10.24 18:20 | 360度の方針転換

ハヤテのごとく! 第149話 感想
 マリアさんに始まりマリアさんに終わったハヤテのごとく!の第149話「ハイキングに行きたい。すごい行きたい。ていうか仕事場から出たい」の感想です。 ・・・この表現は...

2007.10.24 18:26 | ゲームの戯言+α

ハヤテのごとく! 149話
 五とか六とか七とか半端な数字が全部ディーラーさんにいくのはまあいいとして、今週の絶チルはベタだがそれ故に説得力に溢れてたぜ……!! 女の子だってことに不意に気づいち...

2007.10.25 17:26 | くるくるばたばた

連載149話にマリアさんビーム。
遠足。体力ないから行きたくないけど素直に言ったら負けなので、屁理屈こねてもっともらしく論理をつくるナギお嬢。しかし、そんなウソ、クラスの皆は騙せても、わたく...

2007.10.26 01:04 | 神聖マリアさんビーム