fc2ブログ

しっぽきり

 3~4カ月ぶりだけどゲームは進めてるんです。2009年末まで(1カ月ほど前時点)
〇3歳クラシック

 ミオヒビキが三冠馬。距離15~2900、芝、ダート◎となんでもできる馬だけど、どうしてたっけ。
牝馬ではビビブレイズ(父ミオゼータ、母ビビシーラ、母父トウショウボーイ)が牝馬三冠、ベルモントオークス招待の4勝でビビファースト、シーラと続く母子三代にわたる牝馬三冠馬に。
 ダートでミオザンキ(父ローゼンカバリー、母ビビパッフィー、母父シンザン)がジャパンダートダービーを。
 牡牝共に三冠馬が出たので、なんかそこに尽きる感じに。

〇古馬王道

 エクリプスS、キングジョージでは敗戦したもののドバイSC、愛チャンピオンS、凱旋門賞、BCターフ、ジャパンカップ、有馬記念と制したディープインパクトがミオヒビキと票割れを起こしつつも年度代表馬に。正直、成長遅めなのでやっぱりもったいない……。
 同世代ミオケンシン(父メジロマックイーン、母ブルードルフィン、母父シンザン)がメルボルンカップと天皇賞春を制し親子四代天皇賞制覇。ティターンの時もギリギリだったなあと思い出す間に合い方。
 牝馬ではビビブラマンジュ(父ミオジョーダン、母ビビヒメチャン、母父シンボリルドルフ)が宝塚、安田、エリザベス女王杯含む5勝。
 ビビヨウム(父トウショウボーイ、母ビビジャスミン、母母ダイナアクトレス)が香港三冠、BCフィリー&メアターフ含む6勝。最後は有馬記念でディープの2着。

〇短距離

 3歳牝馬ビビシグナム(父サムライトルーパー、父父テスコボーイ、母ビビワイシャツ、母父ストームキャット)
 実在牝馬コンビ、ラインクラフトがヴィクトリマイルと海外合わせてGⅠ6勝、ヘヴンリーロマンスがマイルCSで2勝。

〇ダート

 ビビヴォルケイノ(父エルコンドルパサー、母アーバンシー)が米国遠征で3勝、
 ビビハンゴンチョウ(父ミオゼータ、母ビビシーラ)がBCフィリー&メアターフを制覇(他芝2勝)。ミオブレイド(父ミオゼータ、母ビビジャスミン)が国内ダート4勝。

〇2歳戦線

 ダイワスカーレットがBCJフィリーズターフと朝日杯、ウオッカが阪神JF、牝馬ビビカレン(父オーゼンカバリー、母ビビウミ、母父サクラユタカオー)と牝馬がGⅠを荒らしまくったために、デイリー杯勝ち馬のクラブ馬ミビスパローが最優秀2歳牡馬に。うーむ。来年のクラシックも確か似たような事態が起こってたような。

〇米国
 
 ミオエーアイ(父イージーゴア、母ビビキンヨウビ、母父アファームド)がBCクラシック4連覇を含む6勝。
 晩成の8歳牝馬サクラノトキ(父イージーゴア、母ダイナフェアリー)が完成し8勝。シーキングザダイヤが芝ダート問わずの7勝。ユートピアがBCスプリント含む短距離で4勝。
 クラシックではビビヴィータ(父ニホンピロウイナー、母ミエスク)がトリプルティアラ。完全欧州型なのにダートホースになってしまって。


〇欧州

 メイショウサムソンが愛ダービー、英セントレジャー、チャンピオンSの3勝で年度代表馬に。同じく3歳ホレイショネルソンがマイル中心に4勝。イエーツがステイヤーズミリオン完全制覇……ならず、ミオシューミー(父ミオティガ、母ビビキリュウイン、母父ニジンスキー)がゴールドカップを勝利。ライスシャワー産駒ミオジェラードがドイツダービー制覇。マックイーン同様、間に合った感が。
 牝馬ではシーザリオが香港ヴァーズ含む5勝、ダンスインザムードが豪州含む6勝。
 短距離でビビトラベリング(父タイキシャトル、母ビビマドレーヌ、母母ダイナカール)が7勝。

〇リーディング

 さすがにサンデーがぶっちぎるも、そろそろ群雄割拠時代に入る、はず。主要産駒チャクラでマヤノトップガンが20位につけてるのがちょっと驚き。
 娘美尾愛氏。638戦181勝2着88回、GI41勝、重賞73勝、勝率.283、連対率.421、賞金89億2721万で騎手大賞。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3327-410bcaea