fc2ブログ

しっぽきり

「当たっちまった。直撃だ」
「ダメだ爆発に巻き込まれちまった」

 キブツさんが死んじまった……。

 流れ的にショウさんとキブツさんの戦いに、キブツさんを止めようとするキーンさんが飛び込んできてという流れから、戦いのコントロールが乱れてショウさんの一撃が当たっちまって……。
 まあでも穏当にまとまるような流れでもなかったので、キーンさんの介入がなくとも無事に終わったかどうかは難しいところ。

 家、家臣のために自分の節を曲げてドレイク軍に与する事になってしまったキブツさんの苦渋も、キーンさんがいつも自分が曲がった事をすると叱ってくれた父親が家のために道を外れていく(前半でじっくり描いていてる…)悔しさ、悲しさもわかる分しんどい。ドレイクに
 それを戦わせた後に、自分達が無傷で勝利できるタイミングで介入したり、ニーさん達に差し向けたりと小狡く立ち回るバーンさんはこう……。
 そんなバーンさんに対して皮肉るガラリアさんと、内心呆れつつ言葉には出さないトッドさんの性格の違いよ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3305-c22a9149