fc2ブログ

しっぽきり

 マイケル・ジョーダンがナイキと契約を結ぶ話。

 基本的には先行するアディダス、コンバースに対して金銭面でもジョーダン自身の好みからも不利なナイキ側が、工夫や熱意をもって契約にこぎつけるというお話。
 その中で、ジョーダン本人は、その場にいる時もよそを向いてるとかで顔は映さない演出(本人のプレー映像などは現実のものが流れる)。基本はナイキ側の話であって、ジョーダン自体がドラフト3位でそれはそれで高評価なんだけど、後の史上最高の選手としてのキャリアと比べると……というのは作中でもちょっと名前の出てくる2位のサム・ブーイとの比較でよく出てくる話ではあり、言ってしまうとまだ誰でもない若者であるという意味合いなのかなと。その中で主人公ソニーのスピーチ(現実のジョーダンの映像が流れる)があって、未来予知めいてはいるけどスーパースターになるにあたって生じうる可能性を語っている内容で、それをもって(この映画の中の)ジョーダンは自己定義というか覚悟をできたのかなと感じさせるシーンで印象に残りました。
 ジョーダンだからこそ成立してるのかなとも思うので、やっぱり靴は誰がはくかなんだなあ。
 あと、ジョーダン本人より、母デロリスの存在感ががものすごい。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3261-fa26d5f8