しっぽきり

 一話から六話までということで。
 後編は来週あたりに。

(以下ネタバレが含まれます)
一話
 
 咲夜声の人が不思議な本を見つけたり、フェイトさんが事実上無罪を獲得したり、フェレットもどきがクロノにからかわれたりするなか自主トレを欠かさないなのはさんは平凡な小学三年生に戻る気などさらさらないのでした。
 大中小はべらせて、ついでに犬も一匹飼っている咲夜声のあいつの名前ははやて。後の出世頭でした。
 なんだかんだで交戦。
 帽子を落とされてマジギレちびっ子ハンマー使いに、なのはさんが命の危機にさらされるわけですが、そこは主人公。「嫁、参上!」と助けが来てくれるのでした。
 
二話

 実質無罪確定した途端に魔法砲少女なフェイトさんと、ボロボロのなのはさんが勝負根性を見せるお話。

三話

 後の義母の甘め人事と新しい生活にフェイトさんウッハウハ。

なのは四話

 フェイトさん転校のお話。
 「日本語うまいね」
 「あなた達とはスペックがちがうから……」
 ボコって言う事聞かせるために強くなろうぜと誓い合う幼女二人が漢前でした。

なのは五話

 両陣営、どっちもどっちで交戦。
 そんななかでも借りを返すことを望んだり、自分から言い出した条件を勝手に約束に昇華させたり、コメディー対策に丸目をマスターしたりしたなのはさんは流石に主役だけあって一枚上手でした。
 デバイスも主人が主人だけあってさすがの根性の持ち主なのでした。
 あとは勇者王なステキ仮面さんがでたり。

なのは六話

 口裏合わせ、採寸、料理、意外な才覚を見せたはやてさんが騎士たちを篭絡し、上に立つ者の器量を見せるお話でした。
 ヴィータさんの箸使いの下手さはガチ。
 すっかり焼き芋扱いのフェレットが、エライ師匠を持っているクロノさんの使いっパシリに落ちぶれる話。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/326-3e0e5c21