fc2ブログ

しっぽきり

〇21話 なぜだ?!東京がカチンカチン
〇21話 なぜだ?!東京がカチンカチン

 ユキオンナが爆散した雪の舞う中、夕陽を受けてユキちゃんと連呼するガブラさんが切ない21話。
 コメディー的演出が増えつつも、アクマイザーの旧知のアクマ族、光彦の「どうして?」、やや堅苦しい感じのザビタンさん、鏡でフリーズするイビルさんと懐かしい要素がチラホラ。メインの長坂先生ではないからかえってという部分もあるのだろうか。
 貯水タンクの水落シーンはこうすごいな。意外と浅いとかであって欲しい。
 
 今回のダルニアさん。

「あー、おいしそう。私大好物なの。たまんないわー」

 焼き芋は大好物だけど、さすがザビタンさんとは比べ物にならない様子。ユキオンナに凍らされたイビルさん、ガブラさんを見て笑うなど、これもまた初期っぽい感じの描写。
 珍しく東都タイムズ訪問。




「僕のクラス、みんな天才になっちゃった。僕だけ鈍才だってみんな笑うんだ」

 天才製造機により天才になった子供達。しかし、それはコンピューターから送信された回答を答えているだけであり、脳を支配された子供達はダウンワールドの奴隷となってしまっていた。
 勉強しなくても天才になれる! という定番のネタなのですが、取り残される側の悲哀を書いてるのは珍しいような。
 ダウンワールド一流の科学者ミツメドーサが主犯。科学者とはいえ、透明化の特殊能力で3人を手玉に取ったりと、今まで一番強かったような。ペンキで色付けて倒される。そういうシステムか。

「ようやく気付いたか、ミツメドーサ。超天才とうぬぼれる貴様が子供だましの手に引っかかるとはな。ハハハハ!」

 洗脳されたフリをして計画を破るザビタンさんのセリフがカッコいい。洗脳されるために付けた製造機のヘッドホンが顔の構造上、縦に付けるしかなかったのはご愛嬌ということで。

 今回のダルニアさん。

「危ない事をするな、ダルニア」
「いいの、ザビタンのためですもの」

 まさにダルニアさんという動機でミツメドーサのアジトに潜入して情報を持ち帰る大仕事と、牢屋の子供を逃がしたり。
 それはそれとして、ここ2回は仲間という感じから、ザビタン大好きな協力者という距離感に。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3253-498abb79