fc2ブログ

しっぽきり

2002年末のデータ消去して気づいたら2003年が終わっていた……。
〇3歳クラシック

 牡馬はシンボリクリスエスが三冠、JC(WHC)、有馬を制し年度代表馬に。
 牝馬はビビミルフィーユ(父オグリキャップ、母シャダイソフィア)が牝馬三冠、愛オークス。

〇王道路線

 晩成ステイヤー、ミオヨーク(父ミオチャンプ、母ダイナフェアリー)が天皇賞春、メルボルンカップ含む5勝。
 エイシンプレストンが遠征しまくりの7勝。
 ラストイヤー、ナリタトップロードが宝塚記念連覇の1勝。

〇短距離路線

 ミオクウガ(父サクラバクシンオー、母ビビショウショウリュウキ、母父リファール)がジ・エベレストはじめ6勝。

〇ダート路線

 アグネスデジタル無双で、サウジC,ドバイWC、BCクラシックはじめ5勝。ウイングアローが国内を補完し5勝。


〇米国路線

 ミオエーアイ(父イージーゴア、母ビビキンヨウビ、母父アファームド)がプリネークスS、ベルモントSの二冠とBCダートマイルまで含む5勝。覚醒なので、まだまだこれから。早熟を活かし、三冠を阻んだのが自家生産馬ミオシャイニング(父イージーゴア、母リヴィエールドール)。
 ビビエンジェリック(父ラフレシア、ミルリーフ系、母ビビマミ、母父ニジンスキー)がトリプルティアラ。
 古馬ではミオストックトン(父イージーゴア、母ハギノトップレディ)が5勝。イージーゴアだらけ……。牝馬ではアゼリが開花し6勝。
 芝ではトウカイポイントがBCターフ連覇含む6勝。ビビユリカ(父ミオチャンプ、シンザン系、母リヴィエールドール)が香港三冠含む8勝。

〇欧州路線

 タップダンスシチーが止まらず、キングジョージ、凱旋門賞を含む7勝。サンラインが7勝。
 短距離ではブラックホークが6勝、トロットスターが5勝、ショウナンカンプが4勝。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3241-30d1243f