fc2ブログ

しっぽきり

 型破りな戦隊作品というか、色々あった総集編を除いて全話書き上げた令和の井上敏樹作品集大成みたいなニュアンスで見てました。

 後半あたりというか「あれ? これラスボス誰だ?」と思い始めたあたりから、タロウさんの話がちゃんと結実するといいなという感じで見ていたので、その分に関しては、十二分というか、キャラ個別に関しては終盤決めに入った時は美しいシーンが目白押しですごかったなあ。ソノイさんの耳打ちで何とかお供たちへ優しい言葉をかける(かけようとする意志はある)タロウさんが、ついにはソノイさんの事すら分からなくなってしまったシーンと、それでも昔の口調に戻って言葉をかけるソノイさん(そもそもタロウさんが頼ったのもソノイさん)というの色々含めて良いシーンでした。
 
 タロウさんは、「悪役を倒したヒーローに(助けた相手から)求められるものはその場を去る事である」のその先だったかなと。概念としてドンモモタロウとしてのタロウさんは消えたけど、それでもドラマとしての縁は消えないよねという優しいラストではありました。
 獣人の森は結局ジロウさんが管理に……? 人格が統合されて普通になったから大丈夫か。陣さんとおにぎりを食べるところは、良かったなあ。よくよく考えるとどういう経緯だったんだとは思うけど、ただドン脳会議の絡んでるような絡んでないようないやでも砂糖入れてるし……みたいな関係、要は現役のヒーローであるうちはそこまで関われないという遠慮があったのが、リセットして上がる寸前昔のように戻れたけど、記憶が……という感覚?
 マザーは一体? ドンムラサメが疑似的に作り出していた人格で、ソノザさんの封印で漫画を読んでた結果、変化したのかなあ。
 夏美さんは、まあ、夢見る劇団員としてならともかく、雉野さんとの生活を夢でやってた後に、いきなり警察の指名手配犯になってる翼さん、しかもハードボイルドに事情を話したりしないし、色々優しいムーブを決めてるのを見れば「好き嫌い飛び越えて、そら無理だよね……」と。あと、漫画大賞で登壇してて大丈夫なのか、翼さんとソノニさん。
 編集長がさらっとメガネかけてリモートでアドバイスしてるの面白い。
 

 バトル面に関してはドンオニタイジンの出色のカッコよさとアクションの充実と、反面、「怪人、あんまり話に関係なくない?」とか「怪人モチーフが戦隊で、この描写がこうと解釈スペースがあるからなんとなく盤外で存在感はあるのはよかったな」とか思ってたのと、「村上さんがシャンゼリオン文脈はまあまあとしても、一応ラストバトルが使いまわし?」という気分は。
 戦闘があると強制的に招集されるシステム、とても便利だなと思いました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3219-c02472a8