fc2ブログ

しっぽきり

〇第43話「クリスマスの目撃者」
〇第44話「人類の王者」
〇第45話「解けた封印」
〇第46話「不死身の破壊神」
〇第47話「最後のゲーム」
〇第48話「地球は我が家さ」

 さ、サブスクにあったのでつい一気に……。
〇第43話「クリスマスの目撃者」

 あ、クリスマス回は別にあったのか。
 クリスマス回ではあるけど、おじさんへの正体バレ回。「なんで今まで」の後は話してくれなかったのかなのか、気づかなかったのかなのか。
 キューブホエールにダイレクトに狙撃されているアザルドさん、ジュウランド関係者なのか。
 嘘の姿とか、これが理想とか、終盤に向けての布石も。いや、まあ、何か知ってはね。
 最強の敵、消費税君……。

〇第44話「人類の王者」

「人類の王者! ジューオーヒューマンッ!」

 悪い方向には転がるまいと思ってたけど、さすがにおじさんは発想のスケールが違った。日常を守るという答えも見事で、お互いを思いあっての謝罪と気持ちのいい正体明かし回でした。そして、今までの歩みをおじさんに説明する形の……これは年明け総集編! 直接言及はされなかったものの、等身大巨大と2回もやられシーンを映されたバングレイさん、優遇、といえば優遇か。
 みっちゃんさんは、まあ、おじさんに改めてとなると、そら覚悟完成してても凹むよね。アザルドさんもみっちゃんさんも、改造された繋がりだったか。なるほど。
 異物混入アザルドさんはバドさんを狙いに地球へ。そしてバドさんの体の問題が。
 ろ、露骨な映画アピールメンコ。

〇第45話「解けた封印」

 カットがいくつも重なってたのと、これまでの描写から見ても、やっぱり踏み込むのはアムさんなんだなあ。問われる大和さんの表情が拗ねてる子供のようなのがなるほど。
 帰宅したらラリーさんがいるおじさんサイドもびっくりだけど、ジュウオウヒューマン名乗られるラリーさんもびっくりなんじゃw
 そしてアザルドさん真実。なるほど、そこでそう繋がるのかあ。ジニス様と敵対路線に。なんというかわざと爆弾抱えた配下を持っていつ裏切るかのゲームしてたりするのか、ジニス様。
 というかラスボスクラスが連続で出てきたけど、パワーバランス、大丈夫か。


〇第46話「不死身の破壊神」

「バドさん、無事だったんですね」

 逃げるな。と思わず言ってしまったけど、まあ、気持ちはよく分かる。
 ここに来るきっかけになったアムさんの言葉というか、叫びも普段とのギャップでインパクトがありました。
 バドさんとお父さんの関係。バドさんがなぜ自分の寿命をつかってまで大和さんを助けたのかと、繋がりという点でも納得でした。

「私と対等の遊び相手など必要ないのだよ、アザルド」

 ジニス様のキレポイントそこかあ。
 最後巨大化したコアをジューマン組が砲撃。ケタスさんのやり残した事として、ジューマン側の因縁はここで、そしてジニス様との決着をジュウオウジャー(と地球)としてという事かな。
 ビル街を縫う砲撃や、飛び跳ねる4人の姿は躍動感あふれてて動物戦隊という感じでした。
 終了後、叫ぶ大和さん。そういえば合流後から、まともにセリフなかった。


〇第47話「最後のゲーム」

 ジニス様の最後のゲームは、サジタリアークの矢を打ち込んで自分の細胞を地球に注ぎ込むというもの。ぱ、パワー……。
 ナリアさん退場。レオさん、一途な女という評は、敵味方は当然あるとしても、それ抜きだとタイプだったりしたんだろうか……?
 大和さんとお父さんは、こう、まあなんか時間が無事に経ってさえいれば自然と理解できていった可能性もあった……のかな。まあ、こう、仕事人間だったのねという感は。
 ジュウオウジャー側の解決策は、矢とサジタリアークを繋いだ管を引っ張って、サジタリアークを引きずり下ろすというもの。パ、パワー……。ジニス様も変につながりを作ってしまったばかりに。
 
〇第48話「地球は我が家さ」

「ジュウオウジャー、この星をなめるなよ」

 キューブホエールのデータから、地球のエネルギーを使っているということでこのセリフ。なるほど。ただ、こう誰よりもなめられたくなかったのは……。
 ナリアさん生きてた。が、

「私にとって最大の侮辱は、同情だ」

 ジニス様の真実とナリアさんの最後。正体はメーバの集合体。対等であることは許せないし、ましてや同情などというのは。ゲームとしてもてあそぶことで自分の価値を保ってきたんだろうなあ。
 自分の卑屈さがジニス様に選ばれた理由と語るみっちゃんを全然違うと否定するメンバーと、地球から認められるシーンがなるほど。
 決着の最終フォームというか、イーグル、ゴリラ、ホエールの全部乗せはこう、強い。というか、やっぱりゴリラの圧が強いな。
 巨大戦は通常ジニス様に戻っての巨大戦。最後のエフェクトでメーバが出ていたのは演出としてやって欲しかったので良かった。あと、さすがにジニス様のほうが大きいのか。
別れ際に大和さんが素直に寂しいと言えたのは、変化なんだろうなあ。
 そして人間界とジュウランドが……こう、なんかすごいスケールの話に。現実的に考えるとこうえらいこっちゃだけど、まあなんか本来はそうだったしなあ。各メンバーの家族との再会や、講演でイマジナリージューマンがみっちゃんに手を振って消えていくシーンはとても良かったです。
 最後のダンスも、新規映像含めて各バージョン繋いでいて厚みがありました。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3201-428b37bd