fc2ブログ

しっぽきり

 1~3合わせて。
 全体的にその要素(キャラ)をそう使ってくるのかという、ノベルゲームの3つめのルートの映像化だなあというのは感じました。いや、実際そうだけど。どうやっても共通の「問おう~」はOPで断片映像で処理してるのはなるほど。
 ただ、映画3本使っても尺の問題はあるので、たまに飛び飛び感はあるというか、特に2作目前半の前回具合は1の終わりと結構スピード感違うな? と驚いたり。
 桜がやばいという話は聞いてたのですが、予想以上に規模がでかいなあ。因果の掘方とかも3ルート目っぽい。
 慎二のなまじ大体な事はソツなくこなせるのに、肝心の部分(人、ジャンル)で噛み合わない難儀さや、桜への士郎の悪気はないけど劣等感と独占欲に対して最悪の選択を無自覚にし続ける部分がこう、うわあという感じ。
 一番好きなシーンは、ワンペアで勝負してきた桜の期待するような目線に対して自分の手がフルハウスだった時の遠坂の「あ、ダメだこれ」。直前の流れで、貯蔵は無尽蔵だけど出力はそれほど変わらないとか、「ゼル……レッチ?」の反応だったりもあったので余計に。
 あと順番逆なのはもちろんなのですが、アニメzeroから入ったので、諸々で芯を食った話にたどり着いたなという感じも。(UBWだとフェイドアウト気味だった桜とかイリヤも)












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3132-56088d98