しっぽきり

(この記事は少年サンデー42号のネタバレを含みます)
 命名「ゴッド消防ロボマークⅡ」
 「キング」か「ゴッド」か迷った末にゴッドをチョイスした実に小学生低学年ネーミングな黒B(正式名称を名乗るまで「黒い幽霊」と混同するのもあれなので、便宜上黒い幽霊Bを縮めて黒Bとします。今度出てくる敵は黒Cです、名乗らない限り)「カイザー」とか「フリーダム」とかが射程圏内に入るのはもう少し大きくなってからのようです。
 紫穂によればゴッ消は幻覚と念動力を同時に使ったESP攻撃で、葵さんの空間認識ではただ車が浮いてるだけという夢のない散文的な事実が明かされるのでした。
 が、黒Bの能力はこんなものではありません。
 武士の甲冑をイメージしたような三日月アンテナをつけたサンライズ風味にチェンジするゴッ消。
 そのイメージの強さは、二人の超度7のエスパーの感覚をも狂わすほど。
 そしてようやく名乗ったコードネームは「ティム・トイ」。能力のキーワードは「オモチャ」。
 ロボの目から発せられた怪光線で紫穂はレゴ化。
 ビームが当たってないのに谷崎氏はポリゴン化。
 関係ないけど、ナオミさんはなんとなく久しぶりな感じがする椎名漫画特有の「へ」の目化。

>「谷崎はともかく、紫穂は元に戻せ―――!!」

 本音を隠そうともせず、ゴッ消に攻撃をしかける葵。
 が、ティム・トイ自慢のゴッ消には効きません。なぜなら――

>「バリアーがあるから効かない――と!!」

 ティム・トイの子供マインドにかかれば、都合によってバリアーがある設定にすることなんて造作もないことだからです。
 葵さんの怒りに燃える心はくじけず攻撃を繰り返しますが、ティム・トイの子供マインドは止まりやしません。
 ティム・トイが次に思いついたのはミサイル攻撃。
 それに当たればオモチャに変身するのが今度のルール。
 実体と幻がごちゃ混ぜになった、ミサイルサーカスにはさすがの葵さんも避けきれず、被弾。休めの、手芸が得意なお母さんが作ってくれそうな人形体に。
 頭では分かってるのに、心はどうにもできない。そんなもどかしくも、かわいらしい人形さんに望みを託されたナオミさんを、どうやらティム・トイは薫と勘違いしている様子。

 谷崎から連絡を受けた皆本は、混成チームであることに気づいていない「黒い幽霊」側が、ブーストの情報を収集しようとしていると看破。同時に、ナオミさんの正体がばれればブーストのその場での情報収集を諦め、葵・紫穂を殺しリミッターを奪えば彼らの事が済むがことも。
 二人の仲間が殺されるかもしれない、そんな事態にも関わらず、疲労は抜けず現場に、即座に駆けつける事ができないことに焦燥を募らせるのでした。

 その間にも状況は悪化。
 おもちゃと化してしまった二人は何も出来ず、唯一戦闘可能だったナオミさんもとうとうゴッ消の手中、それを見た指揮官は我を失うという絶望的な状況。
 が、そこに颯爽と救世主が現れます。
 ゴッ消の手を切り落としたのは、おそらくはサンデー一の巨乳を誇る御年八十歳超の老婆ではあるけれども、敬老の日に敬ってもらえないしもらいたくもないであろう蕾見不二子管理官。
 が、そんな侵入者にもティム・トイの世界は揺るぎません。
 駆け引きの材料は二つのオモチャ。
 レゴ人形の腹を砕き、縫い人形の胸の綿を抉り出し、不敵に笑うのでした。

 今回、恐らくは最初で最後であろう胸元が弾け飛ぶ描写をなされたメガネさんの胸中や如何に―― 綿か(挨拶)。

 しかし、輸送機ですらも移動に30分必要とは……BABELの組織形態やら地方支部やらが気になります。
 『葵祭り』編で「近畿地区の特務エスパー」の派遣を皆本が要請していたように、近隣の支部ぐらいはあると思うんですが……。
 もしかして、『関八州はBABEL本庁のお膝元也!』『東北地方は仙台支庁から』『北海道の特務エスパーは札幌支庁に常時20人詰めてます』『九州・沖縄は台風の被害を最小限に食い止めるため、那覇庁舎に機能を集中しております』というように、『異様なまでにだだっ広い地区をごく少数の本庁や支部でカヴァーしなくてはいけないのだろーか?』などと夢想してしまいます(笑)。
 まー、それだけ高超度エスパーの人数は少ないんでしょうが……北海道や九州・沖縄の特務エスパーは大変そうです(笑)。

 冗談はさておき、ヘアスタイルやら自分ルール爆走の一人遊びを繰り返す様に、『ティム・トイ』とかつての澪の姿をついつい重ねてしまいました。
 もしかして、椎名先生は澪――ひいてはパンドラで描ききれなかった『歪んで育てられてしまった“子供たち(チルドレン)”』を『黒い幽霊』の刺客を通して描こうとしているのかな、と妄想している次第です。
 『黒い幽霊』の思考や行動は悪意以外見えて来ないし。
 (´・ω・`) ……普通の人々。

2007.09.21 05:10 URL | すがたけ #- [ 編集 ]

>BABELの組織形態

 どうなんでしょうねー。
 あまりそっち方面には詳しくないので、想像もつきませんが。
 前エピソードで動かせるエスパーも少なくなったりっていう部分もあるのでしょうかね。

>ティム・トイ

 そういえば、「黒い幽霊」に洗脳されてない可能性もあるんですよね、淡々と仕事をこなすバレットと違ってティム・トイは感情豊かというか、剥き出しのようにも見えますし。
 洗脳されてないからこその「ビー・マイ・フレンド」っていうシリーズタイトルなのかもしれませんね。
 年齢が近いだけあって、チルドレンとの絡みも多くなりそうなキャラかなとは思います。


 

2007.09.21 13:02 URL | 美尾 #9ayR5QDw [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/312-a054935d