fc2ブログ

しっぽきり

 割と九衛門さんがラストニンジャに憧れてましたという本編最終回の流れに要素があったしそうというのは分かるけど、導線としてどうかなあという感じでいたのですが、それはそれとしてとりあえず確定した九衛門さんの感情という事を受け取ったうえで見て、ニンニンジャー達というより師匠への罪滅ぼしみたいな気持ちだったのかなあとか、弟子として手裏剣を使えて良かったなあとか、見て良かったです。忍ばずワッショイの時、やらないんだけどチラッと気にはしてるのかわいい。
 敵が有明の方と萬月というのも、まあ幻月様蘇ったら台無しという話ではあるんですが、本編があれで最後だと気の毒だったので良かった。まあそれはそれとして、九衛門さんと何かの会話があってもとは思うのですが、まあ最後のイベント的な意味合いもあるので、そこですごい湿っぽくなってもという気持ちもあり、まあ、なんかやや複雑。最後、倒さずになんとかなりません? という感情がなくはなく。

 ガールズ要素、アニメじゃ! というか、絵柄がすごいプリキュアだ! というかこの時点では九衛門さんプリキュアやってたんだっけ、どうだっけ! という感じで、まあなんかこういう悪ふざけするよね、Vシネマ。
 ミドニンジャーが普通に変身して戦ってる中で、二人が生身で戦ってるの(ボーイズも)、集大成だなあ。
 邪魔がタカ兄だけに機能しなかったのは、後の伏線というか風花さんの成長の証明になってて良かったと思います。
 
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3106-84222afd