fc2ブログ

しっぽきり

 とりあえず年毎に何があったかなぐらいの自分用日記。
 引継ぎ+DLC(1976年国内馬、牧場拡張、最速海外牧場)ありあり。制限は設けず、かといって合理的でもなく、行き当たりばったりな感じ。エディットはトウショウボーイだけSP+1。皐月賞でテンポイントに普通に負けるのがどうにも。
〇1976年

 3歳馬はクライムカイザー、2歳馬はヒシスピード、牝馬はたしかシェリルだったかで、まあそうなるっすねというラインアップ。
 6月にゾロゾロとDLCホース達が。海外チャンピオンホース達はさすがに持て余すし、金額と釣り合うかなというので避けたのですが、正直海外遠征解放前は国内馬だけでも持て余し気味だったので正解。
 

〇1977年

 海外牧場解放。海外史実馬がまともなレートで買えることに喜び、ヌレイエフ母、ダンジグ母、ダリア、ラフィアン、アレフランスなどを買いあさり。種付けはラストイヤーのネイティヴダンサーを近親以外はつけまくり。まあ放っておいても残る血統ではあるけど、記念交 海外遠征解放でトウショウボーイが香港を駆けたり、マルゼンスキーが欧州マイルを制圧したり。カブラヤオーが強い、というか精神が低めなので国内に専念させたら、そら勝つわ。ダート適正が高いフジノパーシアをダートで走らせてたけど、まあ逆でも大差はなかったかも。以上4頭は引退。


〇1978年

 初期DLC組の黄昏(グリーングラスとエリモジョージを除く)。テンポイントは欲をかいて欧州主要GⅠに出したりしたがエクセラーが強い……みたいなことを繰り返していてどうにも強い! という時期がなかったように見えて、なんだかんだ金殿堂馬に。一方で、米芝牝馬路線に狙いを絞っていたとはいえ、テスコガビーは無双状態。
 幼駒で買った馬達がクラシック突入。サクラショウリが三冠目前にしてキャプテンナムラに差し切られ2冠馬に。グリーングラスがステイヤーミリオンを完全制覇、国内は高能低精枠をカブラヤオーから引き継いだエリモジョージが制圧。
 種付けはシンザンつけたり、リボー付けたり。
 バックパサーをプライベート種牡馬として引き取り。そういうこともできるんだ。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/3031-4de655bd