しっぽきり

さあどうした?まだ予想が外れただけだぞ 
かかってこい!
アイディアを出せ!!思考を変化させろ!!話を再構築して立ち上がれ!!銃を使って妄想しろ!!

さあ欝展開はこれからだ!!

お楽しみはこれからだ!!

ハリー!ハリーハリー!ハリーハリーハリー!



(この記事は週刊少年サンデー50号のネタバレを含みます)
すぐに飽きた少佐と、暴れまわったらスッキリしてしまった桃太郎、少佐との直接対決に赴いた蕾見管理官に、(それぞれ椎名先生らしい・どうなんだろう、これ?・両巨頭激突という理由で)思わず読む手も止まるお話でした。

桃太郎は、暴れてみたら興奮状態がおさまったと解釈すればいいのでしょうか。
それにしても、薫とあっさり仲直りしすぎかなと思わないでもないですが。

薫と桃太郎、そして兵部の話としては、一応の区切りがついたみたいです。(もちろん二人の対決があるのでなんとも言えませんが)


今シリーズは、欝展開に直行というわけではないものの後々の展開に色々と布石を打ったシリーズだったと思います。

・薫たちのお願いより、任務を優先させた皆本。
 →来週か再来週ぐらいに対面した時にフォローがあるのかどうか。なければチルドレンと皆本の別離の伏線になるのかも?

・パンドラ(というよりは兵部)に心を傾けさせた薫。

・紫穂の異名は「女帝」

・兵部の体調のこと

・明はすごくいい子

・結局、撃たなかった(撃てなかった)皆本

・蕾見管理官の目的
 →未来にある大きな戦いを、小さな戦いを続けることで避けるというスタンスのようです。
どことなくロードス島戦記のカーラを思い出しました。

兵部、皆本、大鎌の三角関係化
→まぁ、そういう色眼鏡かけて見ると今週のチルドレンはその筋の方には、たまらない展開だと思うのですがどうでしょう?

来週は、管理官VS少佐。
過去も含めて、チルドレン世界の根幹に関わる二人の対決はどんな展開を迎えるのでしょうか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/30-83c56d3c