fc2ブログ

しっぽきり

 ピーター、レイモンド、イーガンの科学者3人組が結成したオバケ撃退部隊"ゴーストバスターズ"。派手な宣伝のおかげで3人が一躍人気者になった頃、ニューヨークでは"門の神ズール"と"鍵の神ビンツ"が出会おうとしていた。2つの神が人間の体を借りて結合した時、世界は悪魔の支配下におかれてしまう。おまけにゴースト貯蔵庫から無数のオバケが解放され、街はいよいよ大混乱に。世界の危機を救うため、"ゴーストバスターズ"がついに立ち上がった・・・。

 何が何でも止めろとは言わないけど、保管庫の電源止められるシーンは、もう少し止めるのに必死というか、そういう姿勢が欲しかったかなあ。いや、解放されてとんでもないことにならないといけないというのはわかるんですが。
 こう、そこが最大であるんですけど、なんとなく主人公たちのバカにされ具合とかうまくいき具合とかのテンポがかみ合わず。ヴェンクマン博士が予算止められるのはまあそらそうじゃない?
 あ、あのマークのあれがマシュマロマンじゃないんだ! というたぶん何周遅れかというか、なんか前に見たことがあるようなないようなことに気づいたり。
 映像面は80年代の特撮! という感じで楽しかったです。
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2991-d3e2f356