fc2ブログ

しっぽきり

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

 ガサツなトニーと品のあるシャーリーでこの時代の話ということで、なんとなく想像できるようなシーンもあり、二人の間でも端々で出てくるところはある中でも、繊細さというか、曖昧さをもった関係性で距離の詰め方がすごい好き。二人ともユーモアがあって好き。フライドチキンの骨を車の窓から捨てるくだりで、シャーリーもトニーに笑顔で付き合いつつも、紙コップを捨てるのはさすがに見ていても「それはちょっと」と感じたところに、シャーリーが注意してバックして拾いに戻るシーンは楽しかったです。
 絶対にやらないって言ってたことをさりげなくやるようになっていたり、お互いのいいところを取り入れていったり、そういう細かい部分も良かったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2984-27282ab5