fc2ブログ

しっぽきり

 これがたまに聞く全編ワンカット風というやつかーと途中から気づく。
 プロジェクトとして見事だなーとか、狭い塹壕の中で切り替えて、その切り替える中で負傷兵出して戦場を感じさせつつ、そのラグで先に行ってたブレイクがちょっともめてとかやってて非常にテクニカルで見事でした。
 あとワンカットなので、主要人物であるブレイクの遺体がそれ専用にズームアップされることもなく、移動に従って画面から消えていくのも、いつ死ぬかわからない戦争を題材にした映画と合っていたと思います。
 ただ、途中というか、夜の街が戦火で赤く照らし出されるシーンがすごいコントラストがはっきりしていて、ちょっと臨場感が削がれた感は。そういう部分も含めて2時間は長かったかも。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2975-12a47cb8