fc2ブログ

しっぽきり

 おこづかいというか、どこにお金をつぎ込むかの勝負になってるような気もするけど、金額勝負はもう0円(0円でいいのか)は出てるし納得でもある。

〇16話 イオン回

 ポンタしか知らない、ポイント沼にハマった不器用な男。し、静夫さんの扱い、それで大丈夫なの? 
 というか奥様、アクション、大五郎と面白いあだ名収集家なの?
 複雑にすぎるから割り切れというのはなるほど。器用、不器用というかポイントに振り回されるなと言われるとまあそうですねという。
 映画デートを軸にした夫婦を羨ましがる奥様に「あん?」と言わせてしまう吉本先生。


〇17話 コンビニ回

 完璧なお菓子カプリコ……! なんかそういえば食べた事ないなと思って食べてみたらおいしかったですね。イチゴ味のほうが好み。
 理論化された吉本先生という印象が(ちょっとした贅沢という体験込みでコンビニでお菓子を購入)
 ただ、“最後の晩餐”はこう見てるだけで、胸が苦しくなるような。
 はずしすぎなんじゃないかなあ、ハメ。
 あのサイズのアイスが売ってるってことは割と広めのコンビニなのかなあ。


〇18話 トレーニング/ランチ回

 こづかい額は申し遅れるもの。
 ランチをどう乗り切るか? は定番パターンなのですが、中華料理の定食から入って、最終的にカップヌードルとツナマヨおにぎりに行き着くの、「それありなんだ」感が。ただ、分かる事は分かるというか、オチに流れ着く話に流れてる風からすると、それ以外はないなというのも分かる。粋な締め方を……。
 それはそれとして、大丈夫かな、TSUTAYA……。


〇19話 ダイソー回

「いざという時……!!」

 すごいダメワードに聞こえるけど、意外とあるんだね、「いざという時」というのが後日談で分かる回。
 毎回買ってくる製品にとりあえず笑顔で対応してくれる奥様がすごいいい人だ……。
 ダイソーというか100円ショップ、ここでなくとももっと質の高いのは売ってるんだろうけど、でもしかし探すの割と手間だな? という微妙なラインの商品置いてあるの便利だなと思うっす。
 ラストページの圧がすごい。


〇20話 一人暮らし/ツーリング? 回

 丁寧な暮らし、的な?  原チャリのガソリン代ってそんな感じなんだ?
 0円の人とはまた違う感じで、使わない人の回というか。おこづかいをこれに使うんだ! という主張とは別というか。
 どうでもいいけど車の運転と原付の運転って別スキルと思うんだけど、なんか講習で簡単に取れていいものなのかなあというのはちょっと思う。


〇21話 サイゼリヤ回

 本当にね……というしんみり回。
 プロジェクターに飲み会の写真を次々映してその時の思い出を語って、また次々と映してという流れで締めていくのうまいなあ。
 

〇読み切り 家族よ! 俺を許してくれ!!

「行っちゃった… マジかよ… こっそり お菓子 食べてただけなのに…」

 こづかい万歳の元になった読み切りを収録。
 吉本先生ぐらいのベテラン作家さんでも絵柄って微妙に変化していくんだな。
 1巻の内容も合わせて考えていくと、本当にお菓子を食べてただけじゃなくて、生活習慣の問題みたいなのが絡んでるのかなあみたいな気がしないでもない。
 チョコフレークの誘惑に負けそうになるのも人間なら、家族を思ってそれを棚に戻すのも人間なんだな……。
 それはそれとして、少しずつ食べるんだよと渡された糖質オフのお菓子(ドーナツ、ふがし、クッキー)を、ドーナツだけじゃなく、ふがしも開けてるの、こう吉本先生…! って感じがしますね。開けてるのもだし、それを言及もせずにスッと絵にしてるのも含めて。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2955-df6a0df3