fc2ブログ

しっぽきり

 親より見た兵部少佐介入。
 もっと親の顔を見たかったけど、その親が兵部少佐に介入されてんだよなあというお話。

 何がロジカルなんだっけ? 感想復帰してからこんなのばっかりや!
 まあそれはそれとして、絶チルの柱の一つといえば、皆本さんと兵部少佐だったので納得といえば納得ではあるんだけど、薫さんの側にいられなくなったノーマルとしての父親の心境とか、それに対しての皆本さんの解答とかに、普通のノーマルの解答みたいなものを見出したかったなという気持がないではなし。私の未練というか、妄執の類かもしれない。書いたように柱の一つだったので、圧倒的に正しい展開ではあるんだけど。まあでもなんか最後に父親なりの気持ちみたいなのはポンッと出てくるかもしれないし、まあまあ。
 皆本さんについては、この後に及んでロリコンではない(ではなかった)というか、社会的に誤った事はしてない論理武装をまだするのか! お前は! という感じがなくもない。

 賢木先生の「お前らも大きくなったな」という感慨を一番感じた、というか、先生みたいにしみじみ思ったんじゃなく、驚いたのが「誰だろ、この子、えーと野上夫妻の側にいるから……ユウキ? ユウキ君こんな大きくなったの? えーと、もう中学生ぐらい? ユウキ君が!?」な扉絵でした。いやー、少し見ない間にすっかり大きくなっちゃって。

 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2946-55ede539