fc2ブログ

しっぽきり

 怒涛の落穂拾いの中、とうとうあの人が! というお話。

 「へー、仮面してるから常人ではなさそう」なんだー? というわけで薫さんの父親でした。常人だった。というか仮面じゃなくゴーグルでしたね。
 「今までの経緯とか分かってるでしょ? じゃあ今更横やり挟むのとかはナシナシ!」では済ませないし、肉親ではあるけど今まで関係を持ってこなかった人を持ってきて、皆本さんに薫さんへの思いについて語らせたり(最後のお父さんの台詞)、どういう形の離れたかは分からないけど、薫さんから離れた人であるお父さんから見た今の薫さんみたいな話をしたりするのかな。Twitterで見かけて、どうなのかなーと思ってたけど、登場するとなるほどロジカルだなーと納得でした。秋江さんが今更皆本さんの内心についてどうこうという感もないので、復縁なのか、関係の修復のいい機会とみているのか。
 
 そして進路ラッシュ。
 バレットさんは要人警護の就職。始まりが始まりだったので、思いを継いで感慨深い、のか、な? 葵さんとは、まあこれからがんばって感じ。
 ティムさんはモラトリアム、そして伝説へ……。確かに言われてみれば年下感はあった。
 腐った水、こと賢木先生、当然のことながら皆本さんの評価高いなあ。
 松風君、はまあ改めての形で指揮官志望。医学部だとどうなんだろう時間かかんない? とは思うけど、別に6年行く必要はないのか。既に内定出てるようなもんだし。
 葵さん、紫穂さん。皆本さんに相談済みらしく。そもそも薫さん>皆本さんだったろうし、皆本さんへの思いについては終盤担当回で大体語られてたし、まあそうなりますよねという感じ。表情と髪型も相まって「イチャラブしてないわけ!? なんで!?」のコマの紫穂さんが、ちょっと美神さんに見えた。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2942-ecddadc8