fc2ブログ

しっぽきり

 ネタバレあります。
 後編の配信日時が決まっている&割と近かったんですが、「あ、ほんとにボリュームあったので分けたんだな」という感じで終わっていて納得でした。再会からの再度の別離で引きの形にはなっている、というか、引きの形にできるのがここで、だからアンバランスな分量(現在2、3割らしい)になったのかなと。

 概ね、キャストリアは予言の子になれるのか、マシュとの再会を目指す、モルガンと交渉するまではまだちょっと遠目。そういう感じですが、キャストリア、こう、アルトリアから前提を色々引きはがすとこういう事になるのかという感じが、微笑ましくも、再臨(そして多分ストーリー進むと)ああなるんだよなあというのが痛ましい。バトルの台詞とかだと素の状態ではリリィと近いかなと思ってたんですが、リリィの場合、自分への疑念みたいな部分はあまりない(足りないと思っていても、謙虚とか、未熟とかそこら辺?)ので、新鮮といえば新鮮だけど、最終まで行くと「アルトリアでもそこまで行ってないでしょ」という精神性になるので、その高低差がここから埋まっちゃうの? と思うと。どうにかしろ、村正ぁ!

 村正さんは、あっさり手を結んではいるけど、本人の言う通り、契約は契約として、なんだかんだ最後にあっさり戦う事になるのかなあ。ちなみに、リンボの最期については「正しかった」を選びました。
 キャストリアと村正は、アルトリアと士郎の反転、主人公とマシュの関係性とか立ち位置の問い直しと、異聞帯とはいえアーサー王伝説の舞台であるブリテンが舞台と、シナリオのメインに近いところというかメジャーテーマでガンガン攻めて来てる感じはありますが、じゃあこの後の7章はどうなるんだろう。

 お姫様ムーブ(戦う、夫を突き落とす、土地のせいなのかなんなのかギャラハッドさんがついてるのかむしろ絶好調?)を決めるマシュ。記憶喪失を経た事で、純粋性が引き立ち妖精コンビに対してとかボガードさんに対してとかが色々とこう、いい感じにひどい感じに。割と記憶戻るの早かったなあという感触ありますが、ボガードさん亡き後ではベリルに騙されてあんなことみたいにはならないだろうし、そこらへんは失って洋画戻ろうが同じか。とりあえずモルガンの手元だろうから、ベリル云々の段階ではなさそうだけど。ボガードさんは、何か杉田ボイスで話してる錯覚があったんですが、多分シートン学園のキングかな。毛色は違うけど。

 オベロンは、羽海野先生だあという表情で、羽海野先生だあ! というミニキャラもついてくる仕様でした。
 ハベにゃんさんは、今回の星3枠ですかね。ハベにゃんさんに認めてもらうのも、今後のお仕事になるのかな。
 地の文、すごい誰かが語り部をやってる感あるけど、マーリンですかねえ。ミスリードなのか。
 円卓女体化組は、今更とは思ったんですが、作品内に既存のあのキャラのというアレもあったんですが、モルガンの当て擦りと言われれば、まあ。
 冒頭の妖精周りは「な、なんてことを……」、モース化もだけど、狂乱状態もなかなか。
 どこかで見かけた「モルガンが王になってる世界だから、アルトリア倒す必要もなく、モードレッドは存在しない」はなるほどと思いました。

 戦闘面はサクサクと。シナリオサポートのみのところで手順間違えたところぐらい? 厄災戦、呪いダメージでアビーが落ちたのでそこら辺もうちょっとしっかり勝ちたかったかなあ。

 ガチャは、まあ、ほら、うん。うーん。 
 モルガンがもう出て来てると言う事は、後編PUで黒幕か、匹敵する何かが出てくるのか。妖精ガウェイン、妖精トリスタンより強いし、別分類扱いになってる妖精ランスロットは星4なのか5なのか。ハベにゃんさんは星3なのか。キャストリアもねじ込まれるのか、後編ぐらいの時期なら6周年の目玉扱いになる可能性もあるのかとか、色々考えますが。間にイベントが挟まる(そこで新素材が入手できる)らしいですが、なんでしょうね。新規イベントやる余裕あるのかなとか考えると、事件簿あたりなのかな。他はぐだぐだか、4.5章(イベント扱い?)か、あと何かあったかな。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2940-134bb61d