fc2ブログ

しっぽきり

 斬られ役として有名な福本清三氏主演の映画。

 主人公も斬られ役のベテラン大部屋俳優と福本氏が主演を務める事に意義がある作品というか、年々本数が減っている時代劇という現実とも合わせて、ところどころ半ばドキュメンタリーのような感覚の作品でした。
 基本ストーリーとしては時代に取り残されていくなかで、最後の花道と厳しいながらも想いは継承されていくという形で、半ばドキュメンタリーにも見える影響もあって、台詞が少ない静かながらも説得力ある佇まいと稽古、殺陣の魅力とで見ごたえのある作品でした。

 一方で最後のプロデューサーの変心が急に見えるのと、終盤を除くプロデューサー、監督、ダンスグループのアイドルの非昔ながらの時代劇組の描き方がちょっと悪役然とし過ぎていたかなあ。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2931-fd2d1140