fc2ブログ

しっぽきり

第 9話 栄光のキャプテンラドラ
第10話 急降下! ゲッター3は行く
〇9話 栄光のキャプテン・ラドラ

「ゆけラドラ。恐竜帝国の名誉をかけ、ゲッターロボを打倒するのだ。成功のあかつきにお前に輝くのは栄誉ある栄光だ。しかし、失敗したその時はあお前を待ってるのは死の処刑だ」
「分かりましたゴール様。キャプテン・ラドラの名誉にかけて必ずや栄光を選んでご覧にいれましょう」

 冒頭から今回のゴール様。前回のグランが「任せておけ」と言った結果があれだったので、武人心をくすぐり送り出す。のだが、のだがー。
 というわけでスパロボでもおなじみラドラ回。同じ側に生まれていれば通じ合えたかもしれない敵回。もう少し、ラドラ側に、自己犠牲のゲッター1を見る前から通じ合えそうな要素というか、命を取られなかったあたりでもう少し反応が欲しいかった気もしますが、稲光が光る演出の力強さと、助けられたことに意味付けが加わる回想があってよかったです。
 今回のメカザウルスはシグ。こちらもおなじみ。初の2回戦闘。というかスペアあるのかメカザウルス。バトルという意味では実質初回の戦闘が本番で、ゲッタービームをビームで相殺。直後、そのビームを防ぐゲッタートマホーク、やっぱり信頼度が高い。トドメもゲッタートマホークを胸にずぶり。
 2戦目は、溶岩では戦えぬと空中戦を挑むゲッター1を首を伸ばし火口での戦いに持ち込み、仕掛けておいた噴火で吹き飛ばし、ゲッタートマホークを奪い片腕を切り落とし……と勝利を目前とするも、その満身創痍のゲッターロボが街に溶岩が流れ込むのを防ごうとした姿を見て、翻意し、トマホークで岩を崩し溶岩をせき止める。
 その姿を裏切りと断じたゴール様の時限爆弾が爆発する前に空へと旅立ち、

「俺は死を選んだ。しかし同時に本当の栄光を掴み取れた」
 


〇10話 急降下! ゲッター3は行く

「フハハハハ、空を制する者は世界を制す」

 今回のゴール様。左を制する者は~みたいなことを言い出す。
 元気ちゃんの描いた絵がゲッター1だった事に嫉妬したムサシが紆余曲折を経て、ゲッター3にパラシュートを積み込み、空を飛ぶゲッター3が爆誕、落下するというお話。登場人物たちがすごいアグレッシブというか、血の気の多い感じの一話でした。スケジュール的に何かあったのかな。まあ全体的になんというか賑やか? な回。ジョーホー、ムサシの扱いが雑だw
 今回のメカザウルスはバズ。丸ノコギリを頭から飛ばし、近づけば胴体の丸ノコギリを回転させ組みつきを阻止。丸ノコをほぼ無制限に連射したり、威力もゲッターストームを突破したり、ゲッター1にも打つ手を与えなかったところを見ると、ギャグ回じゃなければ結構いいところにいけたのでは? まあ、ギャグ回だからこその強さか。
 決まりては大雪山おろしで投げ飛ばされ、パラシュートで飛行、というかゆっくり落下するゲッター3を丸ノコでパラシュート切断して急降下させるも、その勢いを活かした体当たりを許し、踏み付けられ爆散するという最後に。
 
「なんたる計算違い、なんたるざま。ゲッター3め、この次は覚えておれ」












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2918-555f8075