fc2ブログ

しっぽきり

 チマメ隊、リゼさんの進学という現在の節目に対して、過去を丁寧に織り込んで行って、未来への一歩につなげる構成が原作からでもあるんですが、とにかく綺麗だったなあ。親世代や、青山さん周りも盛り込んできてるのがお見事。毎回終わりにあのEDがかかるのもすごい好きでした。

 以下、全話感想。

〇第1羽「にっこりカフェの魔法使い」

 TVアニメは5年ぶりと久しぶりなようでいて、OVAはあったなという事でそうでもない3期。
 相変わらずの面々を出しつつ、夏服への衣替えで変化の兆しのようなというお話。久しぶりの3期の1話だなあという感じ。
 少し賑やかめに感じたのは、古物市の話だったからかな。


〇第2羽「幼馴染ハート強奪事件」

「ココアさんの盆踊りですか」

 し、辛辣。とはいえ、Cパートでのポーズはキレが違ったので努力したんだと思う、ココアさん。
 シャロさん、千夜さん+マヤさん、メグさんの幼馴染に焦点を当てつつ、ラパンを絡めたシャロさん回。(見られない)BD借りてくるなんて本当に努力の子なんだなあ。



〇第3羽「世界のすべては私の経験値」

 将来の話が本格化。高校組の高校がそもそも別れてるから一緒とは限らないんですよね。ですよね、というか原作は一応読んでるので、あれなんですが。
 基本的に中学生組で一番器用そうに見える分、こういう役回りだとある意味映えるなあ、マヤさん。


〇第4羽「あったかもしれない日常」

「ヒゲチノちゃんだああああああああ」

 というホラー。ダメ姉でも姉は姉。
 ココアさん達の文化祭回とチノさんが進路を決める回。千夜さんは御祖母さんがしっかりしてそうな分、逆に抱え込みがちになるのか。ラブライブとで被ってしまった。か、被り物だけに。
 ED曲、最初に聞いたときもだけど前回、今回と合わせて見た後だと、より感慨深くなるなあ。

 
〇第5羽「彼女は熱き旋風 彼女は気ままなそよ風」

 マラソン大会、そして鬼ごっことひたすら走る回。
 ブルーマウンテン組の、卒業してからも仲がいいという流れからのEDがまた……というか、EDの話ばっかりだな、今季。


〇第6羽「うさぎの団体さんも大歓迎です」

 卒業アルバムの撮影と、パン祭り。
 チノさんもすっかり立派になって。
 お互いの髪を切りあう千夜シャロ、ほほえまー。


〇第7羽「今夜は幽霊とだって踊り明かせる Halloween Night!」

「何が魔法よ、ヘタクソー」
 
 水着回とかあだしまのバレンタイン回ぐらいズレてると特に気にならないけど、1ヵ月ぐらいだと時期ズレが微妙に気になるハロウィン回。
 からのハロウィン設定を活かしてのチノ母登場でココアさん助けて、なんか境目? 的な状態のティッピーも絡めてとかそら泣きますわー。
 千夜さんの作り込み力は、ハロウィンとたしかに相性がいいかも。


〇第8羽「スタンプ スリープ スタディ スマイル」

「ヒューッ! さすがリゼちゃん」

 というリゼさん先生回。チマメ隊を見ていて小学校の先生になろうと思ってしまうのはまあ……。
 リゼパパへのも含めてスタンプの使い方が上手。


〇第9羽「やきもち風味のカモミール」

 今回もリゼさんの大学生になるにあたってのイメチェンとかも含めて何かと転換期の3期ですが、変わらないというか、近くを見直すのも大事ですねというお話。幼少期からのED突入で、ああずっと仲良しだしこれからも仲良しなんだろうなあと毎回ガンッと入ってきて毎週強いなあ。


〇第10羽「ハートがいっぱいの救援要請」

「私が楽しいからやってるの」

 天使かな? 終始本当に楽しそうなので、見てて楽しいココアさん。
 タイムリーなクリスマス回。シャロさんもココアさんと同じぐらい働いてるけど、多分元の体力が違うから大丈夫……なのか?


〇第11羽根「にっこりカフェと七色の魔法使い」

 クリスマス回後編。ココアさんもすっかり成長して……。
 ティッピーとタカヒロさんの気持ちを思うと、ただただ泣ける……。


〇第12羽「その一歩は君を見ているから踏み出せる」

「ありがとうございます、ココアさん」 

 ココアさんの実家も描きつつ最終回。母親同士も友人でしたからの、母もこの街だけで暮らしてたわけじゃなかった→離れて分かる良さもあるので外の世界を見に行く、は綺麗な繋げ方だなあ。
 モカさんは完璧なお姉ちゃんの姿を見せたがってたけど、ココアさんはモカさんがそうしようと失敗を努力で乗り越える姿を含めて尊敬してるのも、好き。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2871-1732ecff