しっぽきり

 久しぶりにサンデー感想を書いてみようかと。

(この記事は週刊少年サンデー38号のネタバレを含みます)
 ACE3いいなぁ、主題歌が歌入りで戦闘BGMとか。「月の繭」入ってるともっと素敵です。



○マリと子犬の物語

 見開き多いので64ページとは思えない読後感でした。
 実話の漫画化はあまり好きになれそうもないなぁと思いました。感動の担保をとられているようで。

○結界師

 殿スゴーイ。

○金色のガッシュ!!

 ウマゴン退場なのかな?
 そうだとすると、やっぱり意味というか、キャンチョメのときも含めてキャラ退場の必然性が薄い気がします。
 クリア側の駒が少ないのかな?

○DIVE!!

 てっきり、主人公が飛び込みに打ち込むことで彼女さんが悲惨な目に会うと思ってたのですが、逆でした、しかも相手は主役弟(´*・ω・`)

○MAJOR

 薫さんフォロー回。
 弟のフォローは特になし。
 そして、新シリーズ突入の予感。やっぱり、続くのですね。

○イフリート

 そうはならないでしょうが、もう一人が保護されたとしたら、二人分の熱でニナミさんが溶けそうな予感が。

○史上最強の弟子 ケンイチ

 伸縮自在のフォルトナスーツは便利そう。
 
○マリンハンター

 グッピーさんの水浴びシーンはこの漫画の必要不可欠な構成要素なので、シャークさんは我慢すべきだと思います(`・ω・´)

○最強! 都立あおい坂高校野球部

 阿部選手推薦の作品。
 阿部選手の白い歯に、選手名鑑で巨人の選手はほぼ全員歯を見せて笑っていることを思い出しました。
 あと、アフロさんが怪我してたことも思い出しました。
 守るのはいいけど、「北大路なら勝ってくれるさ」じゃなく、打たないと。

○魔王

 もっとも命拾いしたのは軽トラックの運転手さん、というお話でした。

○ゴールデンエージ

 とうとう、同点ゴールが。
 そして、近江と仲間の間に信頼が。
 このままだと、東神監督と、甲斐の名誉挽回はなさそう。

○お茶にごす。
 
 クモ話に、一生長袖を着てれば大丈夫と誓う部長がかわいかったです(*´Д`)

○ワイルドライフ

 主人公と付き合い始めたのに放置されるってのもすごい話かも。
 元々、そんな出番があったキャラでもないのですが。

○ギャンブルッ!

 銀行が閉まってるから自慢の財力も活かせずとか、殴りにいった拳を握られるとか社長さん踏んだり蹴ったり。

○レンジマン

 いよいよラス前。
 錬児が自分のために、恋愛の記憶を削って戦ってきたことを知る風香。
 戦い終わって荒れた公園には、錬児の姿はなく――
 正直、もう2~3週ぐらい欲しかったところです(´・ω・`)
 レンジマンが最後に掲載されていたことで、ネコなびが終わったことを実感しました。 
 












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/287-4bb6d7ee