fc2ブログ

しっぽきり

 ラブライブのシリーズ3作目、という扱いでのいいのかな。
 スクールアイドルではない侑が主人公ということで、どう回していくのかなと思いながら見ていたのですが、侑が前に出る回ももちろんあり、本編開始以前からスクールアイドル同好会は存在していて、そこで人間関係もできていて、各メンバーのスクールアイドル観もある程度まちまちでというところで、このキャラの時はこのキャラが助けにというのである程度バランス良く出番があって楽しかったです。

 

 以下、全話感想。

〇1、2話「はじまりのトキメキ」、「Cutest♡ガール」

 1話冒頭のガチガチのやつを見せてからの、侑さんの一挙手一投足にリアクションする歩夢さんがかわいい。2話のかすみんがかわいいかわいい路線を突き詰めたPVだったのに対して、うた☆プリか何かかな? と思わせる炎推しだったのは一体。


〇3話「大好きを叫ぶ」

 生徒会長、無事再加入。加入でいいのか、入部? 入会?
 案外に話が分かる人、ゆえに拗らせたというべきなのか。
 コンテンツとしてのラブライブ自体が巨大化というかとりあえず次の別ラインのアニメも控えているという恒例化した中で、ラブライブを目指さないという解答もそれは出てくるもんだろうなあと。さすがに前2作のようにグループじゃないというのは知ってたので、大会とかどうするんだろうと思ってたのですが、3話の段階で当面の推進力っぽく見えた会長回りが解決して、解答が出てくるとは思ってなかったです。まあ思うと無印の1期も大会自体はそんなにモチベーションにしてなかったような気もしますが。
 侑さんの立場が同じスクールアイドルじゃなく、一応ファンという立場から目指さなくてもいいと言われたことも大きかったのかな。
 かすみんがあそこで爆発してなかったら、もっとひどい感じの墜落になっていたかもしれないので、2人とも引きずってたけど結果オーライというべきか。


〇第4話「未知なるミチ」

 ニチアサ見てそうな人、会長だったのか……とようやく一致しましたです。
 愛さんは、なんかすごいな。メンタルが。何気ない会話にブレイクスルーのヒントを見つけ出してというのはまああるんでしょうが、実際走ってたこともあってか、すごい疾走感で自己を確立していったなあというか、自己を調整していった?
 璃奈さんが(後々)モニターを付ける理由が、恥ずかしがりやだからじゃなく、感情がうまく表情にならないから付ける(のであろう)というのは面白かったです。


〇第5話「今しかできないことを」

「やりたいと思ったときからもう始まってるんだと思う」

 説得にPVを乗せた上に名言まで上乗せすれば果林さんもそら落ちますわ……。という感じのエマさん回。
 既に始めてる人がいる事で、こういう形でも作れるんだなあ。


〇第6話「笑顔のカタチ(〃>▿<〃)」

 璃奈さん回。愛さんが相変わらずコミュニケーションお化けで嬉しくなる。
 ボードを挟む事で、自然に自分を出せるようになるというのは面白いというか、いいなあと。
 曲や踊り、演出もキャラクターに合わせていてすごい良かったです。璃奈のステージ演出、精神的に振り切れたので固有結界が出ましたじゃなく、基本的に作中の技術で現実的にやれるラインでやってたのも好き。
 しかし、顔を覆うボードだけあって、ズレ防止のために側面はごつくなるな。


〇第7話「ハルカカナタ」

 彼方さんのすぐ眠るキャラ、アイマスの美希的なキャラなんだなと思っていただけに「うん、まあそら眠るのも無理ないよね……」となってしまいました。しかしいい姉妹だ。


〇第8話「しずく、モノクローム」

 最大公約数的なアイドルを演じようとすることから抜け出すしずくさんというお話。
 璃奈さんも立派になって……。


〇第9話「仲間でライバル」

 大体すべてを表す、優秀なタイトル。
 とりあえず担当回は終了し、合宿へ。「ちゃんと応援したい」で客席に向かう侑さんはそういう立場なわけですが、残りの回でその問い直しというか、再定義をやるのかな。


〇第10話「 夏、はじまる。」

 9人それぞれの担当回が終わり、侑さんの意思というか落としどころというか、その先みたいなのをどう描くんだろうと思ってたら、予想以上にスケールが大きかった。というのとは別口で、歩夢さんが重いというか、分かりやすく爆発せずなんとなく同調する姿勢は見せつつも溜めこんでそうなのがやっぱり重い……。


〇第11話「みんなの夢、私の夢」

 「この女wwwこの女wwww」というのがラストシーンを見ての率直な感想だったわけですが。間髪入れずの「違うよ」でカウンターもらって止まるかなと思ったら、先の話という切っ掛け捉えて押し倒すまでの復元力はお見事でした。
 歩夢自体は1話で当番回をやっていて、そこはスタートラインに立っただけで、他のメンバーが元々同好会メンバーだったり、同好会自体は再始動した状態からの加入だったりでスクールアイドルはやる、その中でどういうスクールアイドルになるかまで行ってたのに対して歩夢はそこまで行ってなくて、だからフェスに対しても付き合いながらも具体的にどうしたいかは出せなかった……だとなにか条件面での消去法すぎる感じもあるか。
 付き合いつつも、ところどころの表情でゲージが貯まってるのを予感させつつ、せつ菜相手にも細かいところで優越感を持ったり劣等感を持ったりと手厚い描写が効果的でした。
 まあ、百合感情満たしてゴールとはいかんわけで、スクールアイドル的にどう答えを出すのかな。


〇第12話「花ひらく想い」

「始めたのなら、貫くのみ」

 せつ菜さん……。
 変われない自分じゃなく、変わっていって離れてしまうかもしれないのが怖かったと。ただ、ファンの子も絡めて、始まりであり、自分も思い切ったせつ菜さんも絡めて、もちろん侑さんも素晴らしく、いや良かったなと。フラワーロードで侑さんと抱き合ってるときに、他のファンの子も抱きしめるのがいいなと。
 「恥ずかしい」で済ますの? とはちょっと思いましたがw


〇第13話 みんなの夢を叶える場所 -スクールアイドルフェスティバル-

 メドレー感覚で繋がる各キャラの個性に合わせた出し物から、アクシデントそして……という最終回。
 今まで支えてきた侑さんがアイドルたちに励まされるというか、「あなた」が「アイドルたちに勇気をもらう」という構図になっていて、ああ最終回なんだなあという感じの、綺麗な終わり方でした。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2867-e86b2378