fc2ブログ

しっぽきり

 世界中が一斉に停電になった際に事故に合ってしまい、ビートルズの存在しない世界に転移(?)してしまった売れないミュージシャン、ジャックが主人公。
 
 ビートルズが消えただけじゃなく、コカコーラやハリーポッターが消えたりもしてたんですが、これは何か元ネタというか理由があるのか、こんなものもないよという物なのか。
 音楽に詳しくないながらもビートルズっていうマスターピースが抜けたら消えるか変わるものは結構な範囲に及ぶんじゃ? とは思いました。キリがなくなりそうだけど。
 
 「ビートルズの曲を世に出しました、大成功、やったね!」で終わりには当然ならないわけで、じゃあどうなるんだろう? というのが興味の焦点で、恋愛パートは「え、付き合ってた彼氏かわいそう」ぐらい。
 序盤のビートルズの曲なのになかなかまともな環境で演奏させてもらえないことへの苛立ち、世界的なヒットを飛ばした後の葛藤が痛切。
 落とし方の、ビートルズの作った曲を無料で配信して終わりなのは、「んー」とも思いましたが、ジャックと同じようにビートルズが存在する世界から存在しない世界へ来てしまったビートルズファンの反応とか時代性とかを見るに、ジャックは盗作したのではなく、ビートルズのない世界にビートルズの楽曲をシェアしに来た存在と考えるとなるほどなあと。
 ジャック自身がビートルズの曲を誰も知らない事にショックを受けていたように、同じように知らない世界に来たファンの人もフラストレーションを溜めていて、でも演奏はできないというところに出てきたのジャックというのなら分からないでもないし。記者会見で、イエローサブマリン見せて、メンバーで誰が好き? って聞くのは「もうちょっと考えて声かけてあげようよ」とは思いましたが。

 
 終盤近くであの人が出てくる展開、その展開の是非も「まあそれは歴史が変わったんだからそうなってても不思議ではないけど、どうだろうなあ」という部分はチラホラ。 
 劇中で流れてくる楽曲はさすがのビートルズだし、カバーしてる歌もアレンジも合っていて良かったです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://bbkiriblog.blog70.fc2.com/tb.php/2831-69cee1e9